beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

東京朝鮮は泥臭く得点狙うも…“秘密兵器”繰り出した東海大高輪台が初の決勝へ(12枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 第98回全国高校サッカー選手権の東京都大会は10日、Bブロック準決勝を行い、東海大高輪台高東京朝鮮高を2-0で下した。

●【特設】高校選手権2019
写真を見る
photo-news
先制点を決めるなど攻撃をけん引したMF藤井一志(3年)
photo-news
追加点を挙げて勝利に貢献したFW小林亮翔(2年)
photo-news
終盤、ポストに当たる惜しいシュートを放ったMF玄永周(3年)
photo-news
終盤、パワープレーでゴール前に飛び込むMF孫悠晟(3年)
photo-news
前線でチャンスメークに体を張ったMF金樹成(3年)
photo-news
相手の攻撃を食い止めるDF柳世根(3年)
photo-news
終盤は、両チームが球際で激しく競る場面が増えた
photo-news
ハイボール処理などで安定したプレーを見せたGK豊田隼(3年)
photo-news
左DFDF宮田龍芽(3年)は、強烈ロングスローで先制アシストなど活躍
photo-news
突破を図るMF足立帆(3年)
photo-news
持ち前のスピードで脅威となったFW横山歩夢(2年)
photo-news
ミドルシュートを狙うMF細野空人(3年)

TOP