beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

DF渡辺剛が左足負傷で無念の交代「地面に持っていかれた」(8枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 U-23日本代表は12日、AFC U-23選手権のグループB第2節でU-23シリア代表に1-2で敗れた。

▼AFC U-23選手権タイ2020(東京五輪最終予選)特集ページ
写真を見る
photo-news
後半33分に負傷交代を余儀なくされたDF渡辺剛
photo-news
キャプテンマークはDF岡崎慎
photo-news
「地面に持っていかれて、左足首をねんざした感じ」
photo-news
2連敗でのグループリーグ敗退という結果に「間違いなく、自分の力が足りなかったというのを感じた」と述べた
photo-news
チームキャプテンとして臨んだ今大会
photo-news
開催国として出場権を得ている中、「相手と、気持ちの部分での差は絶対になくしたいと思って入った」という渡辺だが、結果的に1-2で敗戦
photo-news
「試合をやり、負けて感じるのは、正直、相手との違いは大きかったし、どこかに気持ちの差が生まれていると感じた」
photo-news
「相手の方が強い気持ちが出ていて、それは自分も含めて全員が感じたと思う」と反省を口にした

TOP