beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

選手権で活躍した青森山田MF松木玖生、U-17代表でも存在感(4枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
「JENESYS2019青少年サッカー交流大会」(鹿児島県指宿市)は大会2日目の27日、グループステージ第2節を行い、U-17日本代表とU-19ラオス代表が対戦。U-17日本代表が2-1で勝利した。
写真を見る
photo-news
選手権で活躍したMF松木玖生(青森山田高)は注目度ナンバー1
photo-news
この日は左SBとして先発。再三攻め上がり、ラストパスを狙った
photo-news
1対1、また連係でボールを奪い取っていた
photo-news
存在感ある動き見せるレフティーがチームの優勝に貢献する

TOP