beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

U-17日本代表がマレーシアを1-0撃破!決勝で東ティモールと対戦へ(19枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 28日、「JENESYS2019青少年サッカー交流大会」(鹿児島県指宿市)グループステージ最終節が行われ、U-17日本代表はU-17マレーシア代表に1-0で勝った。
写真を見る
photo-news
U-17日本代表の先発イレブン。マレーシアを1-0で退けた
photo-news
MF松田隼風(JFAアカデミー福島U18)がスルーパスを狙う
photo-news
FW勝島新之助(京都U-18)が右サイドから中央へ切れ込む
photo-news
MF東廉(清水ユース)が左サイドからクロスを狙う
photo-news
中盤中央でゲームメークしたMF安田虎士朗(FC東京U-18)
photo-news
序盤から積極的な攻め上がりを見せた左SB工藤孝太(浦和ユース)
photo-news
切り替えの速い攻守を見せた右SB豊田晃大(名古屋U-18)
photo-news
MF青木俊輔(東福岡高)がスピードに乗ったドリブル
photo-news
MF屋敷優成(大分U-18)が縦へ切れ込む
photo-news
前日フル出場のMF藤原健介(磐田U-18、左端)はこの日、サポート役に回った
photo-news
中盤、SBで万能性を発揮した松田隼風
photo-news
勝島新之助は決勝でのゴールを目指す
photo-news
周囲を活用しながらプレーした東廉
photo-news
安田虎士朗はコンビネーションから前へ
photo-news
前日はCB、この日は左SBとしてプレーした工藤孝太
photo-news
豊田晃大は世代のリーダー格の一人
photo-news
青木俊輔は初戦で2発。決勝で再びゴールを奪うか
photo-news
屋敷優成は相手の危険なタックルで負傷。大事を取って病院へ
photo-news
船越優蔵監督はハーフタイムに相手の準備ができる前にクロスを入れることなどをアドバイス。その狙い通りの決勝点だった

TOP