beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

U-17日本代表はFW真家が2発!MF東、MF藤原もゴール(10枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
「JENESYS2019 青少年サッカー交流大会」(鹿児島県指宿市)は29日、決勝戦を行い、グループA1位のU-17日本代表とグループB1位のU-19東ティモール代表が激突。U-17日本代表が7-0で勝ち、参加8チームの頂点に立った。
写真を見る
photo-news
前半21分、FW真家英嵩(柏U-18)が右足で豪快なゴール
photo-news
前線で起点となり、貪欲にゴールも狙い続けた
photo-news
MF東廉(清水ユース)は前半40分に右足でゴール
photo-news
MF藤原健介(磐田U-18)は7点目のゴールを決めた
photo-news
真家英嵩は後半にもパワーショットでゴール
photo-news
グループステージと決勝で計3ゴールを記録した
photo-news
チームメートの祝福に笑顔の東廉
photo-news
背後への抜け出しなどで攻撃を活性化。自らゴールも決めた
photo-news
攻撃の中心となっていたMF藤原健介。サイドの崩しにかかわる
photo-news
落ち着いたゲームメークと精度の高いキックで存在感

TOP