beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

イエロー2枚でカツラニスが退場!!スコアレスも日本は数的優位で後半へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

[6.19 ブラジルW杯C組 日本-ギリシャ ナタル]

 日本代表は19日、ギリシャ代表とのグループリーグ第2戦を戦っている。

 試合前に終わっている同組のもう一試合はコロンビア代表が日本を初戦で破ったコートジボワール代表を2-1で下した。この結果、日本は敗れれば、その時点でグループリーグ敗退が決まる一戦になっている。

 初戦を落としている日本はスタメンに大きな変更を加えた。CBは森重真人に代えてDF今野泰幸を起用。そしてなんと言っても“サプライズ”は香川真司をベンチスタートさせて、左MFで大久保嘉人を起用。アルベルト・ザッケローニ監督は大一番で背番号10を外す決断を下した。

 ポゼッションを高めながらギリシャゴールに迫る日本。19分には大久保のポストプレーからFW大迫勇也が左足ミドルを狙うが、GKが難なくキャッチ。同21分には左サイドから中に切り込んだ大迫が、右足ミドルで逆サイドを狙うが、わずかに枠を捕えきれなかった。

 前半29分には決定機。ホール正面でFKを獲得した日本は、FW本田圭佑が左足で直接狙う。しかし枠は捕えたが、GKの守備範囲に飛んでしまい、先制点とはならなかった。

 ここまでいいところの無いギリシャは前半35分に早くも1枚目の交代カードを切る。FWコスタス・ミトログルを下げてFWテオファニス・ゲカスを投入。積極的に仕掛けてチャンスを伺う。だが同38分にアクシデント。アンカーポジションに入るMFコンスタンティノス・カツラニスが2枚目のイエローカードを受けてしまい退場。日本は残り時間、数的優位で戦うことが可能となった。だが試合はスコアレスのままハーフタイムを迎えた。


★大会日程やTV放送、最新情報をチェック!!
2014W杯ブラジル大会特設ページ
★全64試合の公式ダイジェスト動画を配信!!
2014W杯ブラジル大会動画ページ


TOP