beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

前半終了…んっ!? 珍事も起きた試合はスコアレスドロー

このエントリーをはてなブックマークに追加

[7.15 第2ステージ第2節 甲府 0-0 仙台 中銀スタ]

 J1は15日、第2ステージ第2節を行い、山梨中銀スタジアムではヴァンフォーレ甲府ベガルタ仙台が対戦し、0-0のドローに終わった。

 前半7分にMF新井涼平がミドルレンジから狙うもゴールマウスを捉え切れず。対する仙台は同25分、FW金園英学がPA外から強烈なシュートを放ったがボールはゴール左に外れた。

 ともに得点を奪えないまま、前半のアディショナルタイム1分が表示される。そして、45分を20秒過ぎたあたりで家本政明主審がホイッスルを吹き、選手たちがロッカールームに引き上げようとするが、ここで珍事が起きた。家本主審は残り時間をプレーさせようと選手を呼び戻して、プレーを再開。しかし、ドロップボールで試合再開も、直後のゴールキックを蹴った時点で再び笛が吹かれて前半は終了を迎えた。

 なお、試合後に家本主審は「第4の審判にアディショナルタイムはゼロと伝えたつもりが、伝達ミスでアディショナルタイム1分と表示された。そのため、45分20秒あたりで前半を終わらせたが、表示してしまったため、プレーを再開せざるを得なかった」とコメントしている。

 スコアレスのまま後半を迎えると同10分、FW阿部拓馬のスルーパスから抜け出したFWバレーが至近距離から狙うも、GK六反勇治に阻まれてしまう。さらに、こぼれ球に反応した阿部のパスからFW稲垣祥が放ったシュートが、カバーに入っていたDF二見宏志にクリアされた。

 その後も両チームともにゴールを狙ったが、最後までスコアは動かずに0-0の引き分けに終わった。


[J1]第2ステージ第2節 スコア速報



TOP