beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

J2昇格の町田が新加入選手会見。千葉から加入の谷澤「町田にプラスアルファをもたらしたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 2016シーズンよりJ2に再昇格したFC町田ゼルビアが15日、町田市役所にて新加入選手会見を行った。

 群馬から加入のDF有薗真吾は指導者養成講習会に参加中のため欠席したが、DF金聖基(←水戸)、DF畠中槙之輔(←東京V)、DF福田友也(←国士舘大)、MF谷澤達也(←千葉)、MF井上裕大(←長崎)、MF横山翔平(←群馬)、FW中島裕希(←山形)の7名が出席し、ゼルビアに加入した意気込みや自身のセールスポイント等を語った。

以下、会見要旨

○MF谷澤達也
「ジェフユナイテッド千葉から来た谷澤です。ポジションは中盤をやっています。町田にプラスアルファをもたらしたいと思っております。よろしくお願いいたします」

▽丸山強化部長の紹介
「キャリアとして申し分ない選手が我々のクラブに入っていただきました。今までも、在籍したクラブではサポーターに愛されるキャラクターとして、みなさんにも知られていると思います。プレー面では攻撃的な、独特なプレーで攻撃にアクセントを加えてくれる選手だと思っています。またゼルビアを応援してくれるサポーターを楽しませてくれる選手だと思いますので期待してください」

○FW中島裕希
「皆さん、はじめまして、モンテディオ山形から来ました中島裕希です。今シーズン、相馬監督の下、町田のために、チームのために自分が持っているものをすべて出し切って、チームに貢献する戦いをしていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします」

▽丸山強化部長
「彼もまたキャリアは申し分のない選手です。FWで点を取るところを期待していますが、背後に抜けるプレーや前線からの攻撃でチームの勝利に貢献するプレーを期待しています」

○DF畠中槙之輔
「みなさんこんにちは。東京ヴェルディから来ました畠中です。今年は自分がずっと育ったクラブを離れての挑戦になるのですが、FC町田ゼルビアのために、チームとしても個人としてもチャレンジの年になると思います。プレッシャーに負けずに頑張りたいと思いますので、よろしくお願いいたします」

▽丸山強化部長
「まだ20歳という、すごく若い青年ですが、ポテンシャルを持っている選手です。東京ヴェルディさんからの期限付き移籍となりますが、彼も覚悟を持ってここ町田に来ております。町田に来るにあたって、どうやら一人暮らしにチャレンジしようとしているようです。サッカー選手としても、人間としても成長して自分の価値を上げる。そういう年になると思いますので、期待しています」

○MF井上裕大
「こんにちは。V・ファーレン長崎から来ました井上裕大です。ポジションは中盤をやっています。運動量と攻守のスイッチを入れるプレーをできたらと思っています。まずは1年間、よろしくお願いいたします」

▽丸山強化部長
「井上選手は、ものすごく明るいキャラクターでチームに明るい雰囲気をもたらしてくれる選手だと思っています。プレースタイルは良い意味で地味ですが、戦術理解度やチームヘの貢献度は高い選手だと思っています。九州から初めて本州に出てくるということで東京へのイメージが怖いらしいのですが、町田の皆さんが町田のことを彼に教えてくださるとありがたいです。期待しています」

○DF金聖基
「こんにちは。はじめまして。水戸ホーリーホックから来ました金聖基です。J2に昇格したこの年に、FC町田ゼルビアで戦えることをうれしく思います。精一杯頑張ります。よろしくお願いいたします」

▽丸山強化部長
「金聖基選手は見てのとおり、圧倒的なフィジカルが特長の選手です。我々のチームの中では、年齢的にも中堅になるので期待しております。昨年はチームとしても個人としても我慢するシーズンになったと聞いています。今年はその経験をチームで生かしてくれると思っています。期待しています」

○MF横山翔平
「こんにちは。ザスパクサツ群馬から加入しました横山翔平です。ポジションは中盤をやっています。自分の特徴であるドリブルやラストパスで攻撃にアクセントを加えられるようにチームに貢献していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします」

▽丸山強化部長
「彼の左足に注目してください。彼もすごく可能性を秘めたポテンシャルを持った選手です。試合に出ることで大きく成長してくれる選手だと思っていますので、期待しています」

○DF福田友也
「国士館大学から来ました福田友也です。ポジションはディフェンスです。大卒選手にはなりますが、遠慮せずに自分のプレーを出してFC町田ゼルビアの躍進に貢献できればと思っています。よろしくお願いいたします」

▽丸山強化部長
「福田選手は正智深谷高校から国士館大学に進学した選手で、我々のクラブに入ってくれることになりました。国士舘大では野津田まで足を運んで試合を見てくれたと聞いていますし、大学時代には教職も頑張って取りました。サッカーの部分もそうですが、大学で人間性も育まれて、我々のクラブの一員となってくれますので、期待しています」

※以下、メディアからの質疑応答
Q1:町田のサポーターの方々へ、自分のこんなプレーを見てほしいというアピールポイントを教えてください。

Q2:FC町田ゼルビアというチームに対してはどんな印象・イメージをお持ちですか?

Q3:ホームタウンである町田市に対しての印象・イメージを聞かせてください。

Q4:初日の練習の感想と仲良くなった選手を教えて下さい。

○谷澤
A1:「僕自身、駆け引きやタイミングがストロングポイントだと思ってプロとしてここまでやってきました。タイミングやその駆け引きを見てほしいと思います」

A2:「町田って感じです(笑)」

A3:「町田市は地域の皆様に支えられている街と聞いてます。街の方々と選手との距離を縮めて、サポーターの数を増やし、スタジアムを青一色に染めたいと思います」

A4:「初日の練習の雰囲気は、相馬監督がコミュニケーションを取りながら、新しい選手がいる中でも良い雰囲気を作ってくれていたと思います。仲が良い選手は……大丈夫です(笑)」

○中島
A1:「アシストやゴールなど、ゴールにつながるプレーを見てほしいと思います」

A2:「ホームでの入れ替え戦を見ていましたが、アグレッシブな熱い戦いをしていましたので、それに負けないぐらいの熱い戦いをしたいと思います」

A3:「サッカーをやっている子供たちが多いと聞いています。その子供たちのためにもトップチームが良い結果を出して、夢や希望を与えられるように頑張りたいと思います」

A4:「初日の練習を終えて、まだ自分の良さを出し切れていないので、練習も盛り上げていければいいと思います。まだ来たばかりなので、仲の良い選手はいませんが、これから仲が良い選手を作っていければいいなと思っています」

○畠中
A1:「僕は小さいころからつなぐサッカーをやってきましたので、足元の技術には自信があります。そこを見てほしいと思います」

A2「地域の方々に支えられているチームだと思いますので、その分、結果を残して恩返ししたいと思います」

A3:「町田市と言えば町田駅だと思います。人混みはあまり得意ではありませんが、人がいっぱいいて、怖いなと思いました(笑)」

A4:「チームの雰囲気は良い意味でワイワイとしていますし、良い感じの雰囲気でしたので、すごくやりやすかったです。僕が人見知りということで、まだいろいろな選手と絡めていないのですが、先輩方が話しかけてくれて、家の相談にも乗ってくれました。これからも家関係でもサッカー関係でも話して、みんなと仲良くなっていきたいと思います」

○井上
A1:「丸山強化部長もおしゃっていましたが、良い意味で地味なプレーヤーなので、地味なプレーを見てほしいです」

A2:「チームとして、とても一丸となっていると入れ替え戦を見て思いました」

A3:「初めて九州から出てきたので、単純に人が多いなと思っています。町田駅に行きましたが、とても充実していたので、オフの日に行ってみたいと思います」

A4:「初練習の雰囲気は明るく、雰囲気よくトレーニングができました。もう少し早くなじめるようにしていきたいです。三鬼海選手とは長崎で一緒でしたので、仲が良いのですが、(諸事情で一緒に暮らしている)金聖基選手とは仲が良くなっている途中です(笑)」

○金
A1:「高さや強さは自信を持っていますので、そこを見てほしいと思います。ディフェンスラインを統率できるように頑張っていきたいと思います」

A2:「サポーターがすごく熱いチームという印象です」

A3:「静かで良い街だなと思っていますし、程よく田舎で程よく都会だと思います」

A4:「初練習は2時間ぐらいでしたが、オンとオフがしっかりしていて素晴らしい練習ができたと思います。ランニングの間は深津選手と会話をしながら走っていて、今は諸事情で、初めましての井上選手と暮らしています。少し気まずいですが、仲良くさせてもらっています(笑)」

○横山
A1:「左足に注目してもらいたいですし、左足は周りの選手とは違うものを持っていると思っていますので、そこを見てほしいです」

A2:「攻守にわたって一丸となって、プレーするチームだという印象なので、それに早く慣れてチームの一員になりたいと思います」

A3:「住宅地が多いなという印象です。その中でいろいろな人とコミュニケーションを取れたらいいなと思っています」

A4:「周りの選手が話しかけてくれて溶け込みやすい雰囲気だなと思いましたし、盛り上げてくれて良い雰囲気でできました。仲が良くなった選手は、同じ歳の三鬼海選手です。話す機会が多かったので、三鬼選手とはこれからも同じ歳の選手として仲良くできたら良いなと思っています」

○福田
A1:「僕は対人の部分と体を張った守備を見てほしいと思います」

A2:「昨年、実際に試合を見せていただき、とても熱いサポーターがいるチームだなと感じました」

A3:「僕は国士館大学出身ということで、大学のころから町田には住ませてもらっているので、第二の故郷だと思っています」

A4:「初練習の雰囲気はみんな仲良く、僕のような新加入の選手にも気を使ってもらって、溶け込みやすかったです。同じ年齢で同じ埼玉県出身の宮崎泰右選手と仲良くなりました。そのほかには大学の先輩の大竹隆人選手です」


TOP