beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

浦和“死の組”さらに厳しく…09年王者浦項が加わる、同組には広州恒大

このエントリーをはてなブックマークに追加
 AFCチャンピオンズリーグのプレーオフが9日に行われ、浦項スティーラーズ(韓国)がハノイT&T(ベトナム)を3-0で下し、本戦出場を決めた。前半35分にFWシム・ドンウンのゴールで先制。後半にもシムが2発を決め、ハットトリックの活躍をみせた。

 公式サイトによると、シムのハットトリックはプロ入り後初だったという。27歳FWは、「いい準備をしていたのでコンディションが良かった。自分に期待していた部分があった」と喜んだ。

 本戦ではグループHを戦うことが決まった。同組には日本の浦和レッズ、そして前年王者の広州恒大(中国)、シドニーFC(オーストラリア)がいる。2009年にアジアを制した浦項の参戦で、“死の組”と呼ばれたグループの戦いがさらに厳しさを増した。

[グループH]
2月24日(水):浦和 19:30 シドニーFC [埼玉]
3月2日(水):浦項 vs 浦和
3月16日(水):広州恒大 20:30 浦和 [広州]
4月5日(火):浦和 19:30 広州恒大 [埼玉]
4月20日(火):シドニーFC 19:00 浦和 [シドニー]
5月3日(火):浦和 vs 浦項 [埼玉]

※時間は日本時間

[写真]浦項は14年大会でC大阪と対戦。C大阪相手にホームで1-1も長居では2-0で勝利した。浦項は8強まで勝ち進んだ。

●ACL2016特設ページ


TOP