beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ブンデス史上最年少の28歳指揮官が誕生…来季より就任予定が前倒し

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ホッフェンハイムが11日、ユースチームを率いていたユリアン・ナーゲルスマン監督(28)のトップチーム指揮官への昇格人事を発表した。同チームは10日にフーブ・ステフェンス監督の健康上の理由による辞任を発表していた。

 ナーゲルスマン新監督は1987年7月23日生まれの28歳。昨年10月に来季よりトップチームを率いることが発表になっていたが、予定が前倒しとなった形だ。

 ブンデスリーガ史上最年少指揮官は、クラブ公式サイトで「大きな挑戦であることは分かっている。そして現在のポイント(18チーム中17位)がより困難なものにしている。ただ私は新たにチームに刺激を与えることができると信じ、そして楽しみにしている。心配はありません」とコメントしている。

●ブンデスリーガ2015-16特集


TOP