beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

柏復帰のGK中村、3失点敗戦に「自分の仕事が果たせなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加
[2.14 PSM 千葉3-0柏 フクアリ]

 悔しさを噛み締めながら言葉を続けた。アビスパ福岡への期限付き移籍から柏レイソルへ復帰してきたGK中村航輔だったが、千葉戦での3失点零封負けという結果に「点を入れられたこと自体が悔しいですし、自分の仕事を果たせなかったことも悔しい」と語った。

 前半14分にCKからのこぼれを押し込まれ、先制点を奪われた。後半4分にはまたもCKから失点。0-2で迎えた後半37分にはFKからゴール正面へ飛び込んできた相手DFにヘディングシュートを決められた。

 中村は「結果として敗れてしまった。セットプレーから3点入れられたことが修正しないといけない課題だと思う」と神妙な面持ちで語る。「勝って終わることが自分の仕事。それが果たせなかったことが非常に悔しい」。短い言葉のなかに、強い悔しさが込められていた。

 昨季のJ2で福岡の正守護神として、J1昇格へ貢献した中村。今年1月のリオデジャネイロ五輪アジア最終予選(AFC U-23選手権)を戦うU-23日本代表の一員として、大きく期待されていた。しかし大会直前に負傷し、離脱。五輪切符を手に入れ、アジア制覇を遂げたチームの快進撃。その輪の中にいることは叶わなかった。

 負傷も癒え、これから中村は柏で結果を残すとともに、リオ五輪への出場を目指していくことになる。期待のかかる守護神は「リオの本大会に出るためにはJで結果を残さないといけない。自分はまず目先のことを見て、やっていきたいと思います」と冷静にコメントした。まさに柏から世界へ。足元を見つめ、一歩ずつ一歩ずつ、酸いも甘いも味わいながら、前へ進んでいく。

(取材・文 片岡涼)
●2016シーズンJリーグ全クラブ練習試合


TOP