beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

昨季J2王者の大宮がFC東京を下しJ1復帰戦を白星で飾る

このエントリーをはてなブックマークに追加

[2.27 J1第1ステージ第1節 FC東京0-1大宮 味スタ]

 J1リーグの2016シーズンが27日、開幕し、昨季J2王者の大宮アルディージャがアウェーで昨季J1で4位のFC東京を1-0で下し、J1復帰戦を白星で飾った。

 FC東京は23日のACL全北現代戦(1-2)で右ふくらはぎを負傷したDF駒野友一が欠場。代わってMF梶山陽平が今季公式戦初先発となり、DF橋本拳人が右SB、DF徳永悠平が左SBに入った。
 大宮は今季から加入したMF岩上祐三(←松本)、MFネイツ・ペチュニク(←千葉)、DF沼田圭悟(←讃岐)の新戦力3人が先発した。[スタメン&布陣はコチラ]

 序盤はアウェーの大宮が積極的な入りを見せ、セットプレーのチャンスを数多く作り出す。前半10分には右サイドから岩上が得意のロングスローも披露。大宮サポーターから大きな歓声が沸いた。劣勢のFC東京は前半13分、FW阿部拓馬が右足ミドルを放つが、古巣戦となったGK塩田仁史がしっかりキャッチ。大宮も同14分、FWドラガン・ムルジャのポストプレーから沼田が果敢に左足でミドルシュートを狙ったが、クロスバーを越えた。

 その後はFC東京が徐々に試合の流れを引き寄せ、ボールポゼッションを高めていく。前半27分には左サイドから細かくパスをつないで崩し、MF水沼宏太のスルーパスから阿部がシュートを打ったが、塩田に弾き出された。前半38分、水沼の浮き球パスに競ったMF東慶悟が頭で落とし、阿部が狙うも枠外。大宮も同43分、岩上のサイドチェンジからオーバーラップしたDF和田拓也の右クロスにムルジャが頭で合わせたが、ゴール上に外れ、前半はスコアレスで折り返した。

 FC東京は後半開始から水沼に代えてFW河野広貴を投入。後半7分、MF米本拓司のロングパスから河野が右サイドのスペースを突き、ゴール前に折り返すが、DFにクリアされる。大宮を押し込みながら1点が遠いFC東京。後半23分には東に代わってFW中島翔哉が入ったが、直後の24分だった。大宮は和田からの浮き球のパスに反応したムルジャが右サイドを突破し、グラウンダーのクロス。FW家長昭博の左足シュートは橋本がブロックしたが、こぼれ球を岩上が左足で押し込んだ。

 大宮の新10番を背負う岩上が開幕戦で移籍後初ゴール。劣勢の中、ワンチャンスを生かして先制した。後半32分、ペチュニクに代えてMF横谷繁を投入し、最初のカードを切ると、FC東京も梶山に代えてMF田邉草民を投入する。昨年6月にスペイン2部サバデルから復帰後、公式戦初出場となった田邉。直後の後半36分、中央の田邉が浮き球のパスを送り、橋本が落としたボールを河野が狙ったが、惜しくもクロスバーを直撃した。

 大宮は後半43分、ムルジャに代えてMF金澤慎を投入し、逃げ切りを図る。終盤はFC東京の猛攻に耐える時間が続いたが、最後まで集中力を切らさず、1-0で勝利。開幕戦を完封勝利で飾り、2年ぶりのJ1で白星スタートを切った。

(取材・文 西山紘平)

●[J1]第1ステージ第1節1日目 スコア速報


TOP