beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

多忙も何のその…FW浅野「自分にとってプラスになっている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 A代表とU-23日本代表、そして所属クラブと三足のわらじを履くサンフレッチェ広島FW浅野拓磨。シーズンオフの1月はリオ五輪アジア最終予選を戦い、ACLとJリーグ開幕後は連戦が続く。そして日本代表候補合宿招集と多忙を極めるが、「こういう経験ができるのは本当に自分にとって良いこと」とプラスに捉えている。

 自身のコンディションは「フィジカル的にきつい部分はあります」と明かしつつも、「その中でもやっていかないといけないし、持っているものをぶつけたいという考えしかない」と意気込みを示した。

 前日には守備面のミーティングが行われ、「(バヒド・ハリルホジッチ)監督は前からドンドン、プレスを掛けることをスタイルとして入れ込もうとしている」と内容を説明。浅野は「言われてパッとできることではなく、プレーに移すのにまだ時間がかかるかなと思いますが、そのサッカーをできるようになれば自分に合ったスタイルだと思う」と自信を覗かせた。

 A代表、U-23代表、広島と3つのチームを行き来するが、この時間を無駄にしてはならない。「こうやってA代表に呼ばれて、自分にはプラスになっている部分が大きいので、ここで得たものを年代別代表やチームに持ち帰って取り組んでいきたい」とさらなる成長を誓う。

(取材・文 折戸岳彦)


TOP