beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

C大阪、4戦連続1-0勝利で開幕4連勝!山形はホーム初陣も今季未勝利続く…

このエントリーをはてなブックマークに追加
[3.20 J2第4節 山形0-1C大阪 NDスタ]

 セレッソ大阪が4試合連続の1-0勝利で無傷の開幕4連勝を飾った。モンテディオ山形のホーム開幕戦。試合は0-0のまま終盤までもつれ込んだが、後半45分に古巣戦となったFW田代有三が決勝点を決めた。

 序盤は静かな立ち上がりとなった。前半39分、C大阪はDF丸橋祐介が左サイドからアーリークロス。ファーサイドのMFブルーノ・メネゲウが右足で合わせたが、惜しくも右ポストを直撃した。後半6分にはDF松田陸が右サイドからマイナスに折り返し、FW柿谷曜一朗がワントラップから右足でシュート。決定的な場面だったが、ゴール左に外れ、柿谷の3試合連続ゴールはならなかった。

 山形も後半7分、MF山田拓巳の右クロスにMFディエゴが頭で合わせるが、わずかにゴール左へ。同27分にはMF荒堀謙次の左クロスにFW大黒将志がダイビングヘッドで飛び込んだが、枠を捉えることができなかった。

 互いに決め手を欠き、試合は0-0のまま終盤に突入。このままスコアレスドローかと思われた後半45分、C大阪は途中出場の田代が貴重な仕事をやってのけた。松田がゴール前に浮き球のパスを入れると、相手DFがクリアしたこぼれ球をMFソウザが拾い、ゴール前中央でフリーの田代へ冷静にラストパス。田代は落ち着いて左足でゴールに流し込み、今季初ゴールとなる決勝点を奪った。

 2010年には鹿島からの期限付き移籍で1シーズン、山形でプレーした田代。試合後のヒーローインタビューでは「この土地には思い入れがあったし、何とかこのピッチに立ちたかった。立ったうえで元気な姿を見せたかったし、その中で得点を取れたことはうれしい」と感慨深げに語った。

 開幕から4試合連続となる1-0の完封勝利で4連勝を飾ったC大阪。一方、今季4試合目でようやくホーム開幕戦を迎えた山形だったが、今季初勝利はならず、開幕から4試合未勝利(2分2敗)が続いている。

●[J2]第4節 スコア速報


TOP