beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

本田&香川はベンチスタート、川島ベンチ外へ…ハリル監督明かす

このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本代表は23日、試合会場の埼玉スタジアムで公式練習を行い、24日のW杯アジア2次予選・アフガニスタン戦に向けて最終調整した。練習前にはバヒド・ハリルホジッチ監督が公式会見に出席。前日22日に帰国したばかりのFW本田圭佑(ミラン)とMF香川真司(ドルトムント)に関して先発起用を見送る考えを示した。

 前日に帰国した本田、香川、GK川島永嗣(ダンディー・U)について「明日の試合に先発できるか」という質問が飛ぶと、ハリルホジッチ監督は「ノー」と即答。「彼らは昨日、(日本に)到着した。疲労を考慮しないといけない。リスクを取らない。そういうこともあって控えにしたいと考えている」と、本田と香川のベンチスタートを明言した。

 一方で川島に関しては「(川島)永嗣はまた違う」と指摘。「永嗣はプレーするために来たのではない」として、ベンチ入りメンバー23人にも含めない考えを明らかにした。川島は11日のマザーウェル戦を負傷欠場。20日のダンディーFC戦にはフル出場したものの、「まだ少し痛みを抱えている」と万全のコンディションではないという。

「トレーニングはできるが、ボールをキックすることに注意しないといけない状態。永嗣がここに来たのはディスカッションをするため、治療をするため、そして少しトレーニングをするためでもある」

 通常3人のGK陣を今回は4人招集したハリルホジッチ監督。17日のメンバー発表会見でも「彼がプレーするかどうかはまた別の問題だ。我々と一緒に過ごし、様子を見ていく。そのためにキーパーを4人呼んでいる」と説明していたが、この日の会見で「1試合目で(川島が)23人の中に入ることは考えていない。ケガの状況を見ないといけない」とあらためて明言した。

(取材・文 西山紘平)

●ロシアW杯アジア2次予選特集
●ロシアW杯各大陸予選一覧


TOP