beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

メンタル面充実で“見た目”も変化!? 千葉DF北爪「こんな明るいの初めて」

このエントリーをはてなブックマークに追加

右アウトサイドで出場を続けるジェフユナイテッド千葉DF北爪健吾

[3.11 J2第3節 千葉2-0名古屋 フクアリ]

 プロ3年目。初の開幕スタメンを飾ったジェフユナイテッド千葉MF北爪健吾は、名古屋戦でもスターティングメンバーに名を連ねた。これで3試合連続での先発出場、レギュラーとしての地位を着々と固めつつある。

 3-1-4-2のシステムを採用する千葉の右アウトサイドを任される北爪は、タッチライン際で激しい上下動を続けて攻守に働く。名古屋戦では「相手のアウトサイドが低い位置からのケアだった」ため、「裏を取ってボールを引き出すのは難しかった」と振り返る。しかし、「ボールに絡むことは少なかったけど、相手を下げさせられたのは良かった」と高い位置でのプレーを続けることで、対面する相手の攻め上がりを防いだ。

 多くの運動量を求められるポジションとなるが、「やりがいしかない」とキッパリ。自分が相手を押し込むことができれば、「チームとしてもプラス」になるだけでなく、「自分の持ち味も出せる」。そして、過去2年間とは異なり、「スタートで出て勝つことの喜び、幸せを改めて感じている」と続けた。

「非常に充実感を感じている。でもスタメンになるためではなく、結果を残していくためにずっとやってきたので、数字という結果を残したい。試合に出るだけでなく、そこで何ができるかが非常に重要だと感じています」

 試合に絡むことで、過去2年間とは少し異なるシーズンを過ごしている男は、見た目でも変化を求めたようだ。「一昨日切りました」と明るくなったニューヘアスタイルで名古屋戦に登場。「ちょっとイメージチェンジ。今まで少し茶色というくらいはあったけど、こんな明るいのは初めて」と白い歯を見せると、「見た目というか、スパイクや髪型はモチベーションにもつながるので、こういう色に変えられるのも、コンディションやメンタルの部分が良いのかなと思う」と充実した表情を浮かべた。

(取材・文 折戸岳彦)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2017シーズンJリーグ特集ページ
●[J2]第3節1日目 スコア速報


TOP