このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ジェフユナイテッド千葉
スタッフ一覧
▼監督
尹晶煥
▼コーチ
坂本將貴
イ・ソンジェ
小林慶行
▼GKコーチ
川原元樹
▼フィジカルコーチ
山崎亨
21年公式戦日程
02.28 J2△1-1甲府(H)
03.07 J2△1-1愛媛(A)
03.14 J2●0-2秋田(H)
03.21 J2○1-0松本(A)
03.27 J2●1-2琉球(H)
04.04 J2●1-2京都(A)
04.11 J2○1-0金沢(A)
04.17 J2△0-0栃木(H)
04.21 J2○1-0水戸(A)
04.25 J2●0-1相模原(H)
05.01 J2●0-2新潟(A)
05.05 J2○1-0山口(A)
05.09 J2○4-2岡山(H)
05.15 J2△2-2長崎(A)
05.23 J2△1-1町田(H)
05.29 J2○2-0大宮(A)
06.06 J2△1-1山形(H)
06.09 天○1-0大宮(H)
06.13 J2●0-1東京V(H)
06.19 J2●0-1磐田(A)
06.26 J2△0-0北九州(A)
07.03 J2○2-0群馬(H)
07.11 J2△1-1秋田(A)
07.17 J2○2-1金沢(H)
07.21 天★1-1(PK3-4)川崎F(N)
08.09 J2●1-3山形(A)
08.14 J2△0-0新潟(H)
08.21 J2△1-1甲府(A)
08.28 J2○2-0長崎(H)
09.04 J2●0-1相模原(A)
09.11 J2●1-3磐田(H)
09.18 J2○1-0愛媛(H)
09.25 J2○1-0群馬(A)
10.03 J2△0-0松本(H)
10.10 J2○1-0町田(A)
10.17 J2○2-1大宮(H)
10.24 J2○5-1東京V(A)
10.30 J2 14:00 山口(H)
11.03 J2 14:00 栃木(A)
11.07 J2 14:00 水戸(H)
11.13 J2 16:00 琉球(A)
11.21 J2 14:00 北九州(H)
11.28 J2 14:00 京都(H)
12.05 J2 13:00 岡山(A)




■Jリーグ加盟年
1991年
■昇降格実績
93-09年:J1
10年-:J2
■主なタイトル
[リーグカップ戦]優勝2回(05・06年)
[天皇杯]優勝4回(60・61・64・76年)
[アジアクラブ選手権]優勝1回(86/87年)
■過去の年度別成績
【92年】
[カ]GL敗退[天]8強
【93年】
[J1]8位(1st:5位/2nd:9位)[カ]GL敗退[天]8強
【94年】
[J1]9位(1st:6位/2nd:9位)[カ]2回戦敗退[天]16強
【95年】
[J1]5位(1st:6位/2nd:7位)[カ][天]1回戦敗退
【96年】
[J1]9位[カ]GL敗退[天]3回戦敗退
【97年】
[J1]13位(1st:15位/2nd:14位)[カ]8強[天]16強
【98年】
[J1]16位(1st:11位/2nd:18位)[カ]準優勝[天]3回戦敗退
【99年】
[J1]14位(1st:15位/2nd:11位)[カ]2回戦敗退[天]3回戦敗退
【00年】
[J1]14位(1st:11位/2nd:16位)[カ]2回戦敗退[天]8強
【01年】
[J1]3位(1st:2位/2nd:5位)[カ]8強[天]8強
【02年】
[J1]7位(1st:8位/2nd:11位)[カ]8強[天]4強
【03年】
[J1]3位(1st:3位/2nd:2位)[カ]GL敗退[天]8強
【04年】
[J1]4位(1st:7位/2nd:2位)[カ]GL敗退[天]4回戦敗退
【05年】
[J1]4位[カ]優勝[天]16強
【06年】
[J1]11位[カ]優勝[天]4回戦敗退
【07年】
[J1]13位[カ]GL敗退[天]4回戦敗退
【08年】
[J1]15位[カ]8強[天]4回戦敗退
【09年】
[J1]18位[カ]GL敗退[天]16強
【10年】
[J2]4位[カ][天]16強
【11年】
[J2]6位[カ][天]16強
【12年】
[J2]5位[カ][天]8強
【13年】
[J2]5位[カ][天]3回戦敗退
【14年】
[J2]3位[カ][天]4強
【15年】
[J2]9位[カ][天]3回戦敗退
【16年】
[J2]11位[カ][天]3回戦敗退
【17年】
[J2]6位[カ][天]3回戦敗退
【18年】
[J2]14位[カ][天]3回戦敗退
【19年】
[J2]17位[天]2回戦敗退
【20年】
[J2]14位[天]
■チーム名の由来
91年、一般公募(応募総数9847通)の中から決定。設立当初の親会社であるJR東日本と古河電工の頭文字を合わせて「ジェフ」と名付けられた。ジェフユナイテッドはホームタウンとの結びつき・チームの協調・連帯感を表現している。
■ホームスタジアム
フクダ電子アリーナ(収容人数:19,470人)
■アクセス
・JR外房線、内房線、京葉線「蘇我駅」より徒歩8分

TOP