beaconbeacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ラニエリ、現場復帰に意欲…クラブチームでの仕事を希望「選手といつも一緒にいたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

現場復帰に意欲をみせるクラウディオ・ラニエリ

 レスター・シティの前監督、クラウディオ・ラニエリ氏が20日、ローマ市内で行われたイベントに出席し、監督復帰へ意欲を見せた。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が報じている。

 ラニエリは昨シーズン、レスターの指揮官に就任すると1年目にして、クラブ史上初となるプレミアリーグ優勝を達成した。しかし栄光は続かず、わずか9か月後の今年2月に成績不振を理由に解任された。しかしあれから2か月が経ち、ラニエリはクラブ監督の復帰へ意欲を見せている。

「また監督をやりたい。ヨーロッパのクラブの監督に就きたいが、イタリアでも良い。良いプロジェクトを待っている」

 しかし、いかに良いプロジェクトであろうと、ロマニスタを公言するラニエリはライバルチーム、ラツィオのオファーだけは受け入れられないと話している。

「ラツィオ?それはダメだ。私は隠居寸前の身なんだから。もしキャリアを始めた頃だったら受けただろうけど、私はロマニスタだし、今からは受けられない」

 また選手と長い時間を共に過ごすことを好むラニエリは、クラブチームの監督就任を希望している。これまで代表チーム指揮官のオファーがあったものの、断っていたことを明かした。

「イタリア以外からオファーをすでにもらっている。代表チームのオファーもあったが、私は毎日教え子たちと一緒にいたいので、クラブチームを希望する」

●プレミアリーグ2016-17特集
●セリエA2016-17特集
世界のサッカー情報はgoal.com


TOP