beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

長崎総科大附DF嶋中&武井、流経の2トップをマンマーク(8枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
[8.2 総体準々決勝 流経大柏2-1長崎総科大附 ひとめぼれスタジアム宮城]

 平成29年度全国高校総体「はばたけ世界へ 南東北総体2017」サッカー競技(宮城)は2日、各地で準々決勝を行った。ひとめぼれスタジアム宮城の1試合目で前回大会準優勝の流通経済大柏高(千葉)が、初のベスト8進出を果たした長崎総合科学大附高(長崎)と対戦。2-1の逆転勝利で2年連続の準決勝進出を決めた。

(写真協力=高校サッカー年鑑)

●【特設】高校総体2017
写真を見る
photo-news
DF武井佑介(3年)と嶋中が、流経大柏の2トップをマンマーク
photo-news
守備で体を張った
photo-news
DF嶋中春児(3年)は跳躍力と高い身体能力を誇る“長崎のエースキラー”
photo-news
強烈なキック力と正確性も持ち合わせる
photo-news
守備だけではなく、攻撃にも参加
photo-news
得点が欲しい状況ではFW起用もこなす万能派
photo-news
相手の攻撃の芽を摘む武井
photo-news
武井と嶋中が奮闘したが、惜しくも1点差に泣いた

TOP