beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

国内組の“ラストサバイバル” ロシアW杯へ生き残るのは…MF編(10枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 EAFF E-1選手権に出場する日本代表が7日、都内で合宿4日目の練習を行った。

●EAFF E-1選手権2017特集ページ
写真を見る
photo-news
背番号10に決まったMF大島僚太
photo-news
先発デビューした昨年9月のUAE戦で味わった悔しさもぶつけたい
photo-news
鹿島でレギュラーをつかんだMF三竿健斗がA代表に初招集
photo-news
リオ五輪世代からまた一人、代表戦士が加わった
photo-news
チーム最年長34歳のMF今野泰幸
photo-news
その経験はここぞの場面で必要になる
photo-news
ハリルジャパンではまだ出場機会のないMF高萩洋次郎
photo-news
13年7月の東アジア杯以来、約4年半ぶりの代表戦出場を目指す
photo-news
長谷部、山口ら不在の中盤で中心を担うMF井手口陽介
photo-news
8キャップながらMF登録の選手では90キャップの今野に次ぐ出場数となる

TOP