beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

「日本一まで9日足りなかった」帝京長岡の進撃はストップ…県勢の“悲願”達成持ち越し(16枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 第97回全国高校サッカー選手権準々決勝が行われ、等々力陸上競技場では尚志高(福島)と帝京長岡高(新潟)が対戦し、尚志が1-0で勝利した。

●【特設】高校選手権2018
写真を見る
photo-news
選手権で躍動した帝京長岡イレブン
photo-news
ミスから失点したが、そこから崩れることはなかった
photo-news
キャプテンのDF小泉善人(3年)は最後まで粘った
photo-news
高い攻撃力で右サイドの攻撃を活性化させたSB吉田晴稀(2年)
photo-news
後半19分、バー直撃の強烈なロングシュートを放ったDF長渡彗汰
photo-news
精度の高いパスで何度もチャンスに絡んだMF田中克幸(2年)
photo-news
安定したセービングを続けたGK猪越優惟(2年)
photo-news
歴史的PK戦に勝ち、歴史に名を刻んだ
photo-news
帝京長岡の名と魅惑のサッカーを全国に知らしめた
photo-news
FW小池晴輝(3年)は後半38分に決定的なシュートを放った
photo-news
MF中島颯太(3年)が左サイドに入り、後半は攻撃が活性化
photo-news
チームの左サイドバックを担うDF手塚克志(3年)
photo-news
途中出場のMF礒貝飛那大(3年)も怒涛の猛攻の中、コンビネーションで崩す
photo-news
ゴールを目指したFW冬至直人(3年)
photo-news
「日本一まで9日足りなかった」と谷口哲朗総監督は言った
photo-news
必ずリベンジを果たす

TOP