beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

成功収めたウイイレ「eJリーグ」、大盛り上がりの大会風景(30枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 モバイルゲーム『ウイニングイレブン 2019』のeスポーツ大会『eJリーグ ウイニングイレブン 2019シーズン』の本大会が14日、15日に都内で開催され、初代チャンピオンは清水エスパルスとなった。

●eJリーグウイニングイレブン(ウイイレ)2019シーズン特集ページ
写真を見る
photo-news
モバイル版ウイイレ「eJリーグ」の初代王者は清水に
photo-news
FC東京は準優勝
photo-news
白熱したバトルが繰り広げられた
photo-news
予選の応募は20万人以上…大会は大成功を収めた
photo-news
6月に代表選考会が行われ、年齢別の3カテゴリー3選手で1チームを構成
photo-news
スマートフォンで操作をする
photo-news
クラブへの愛を持った選手たちがその誇りを背負う
photo-news
会場ではスクリーンで試合映像が流れた
photo-news
輝くeJリーグ杯
photo-news
ステージの裏には観客席も
photo-news
実況には桑原学氏(左)、解説には梅津慧氏(右)、そして播戸竜二氏も駆け付けた
photo-news
勝負は真剣そのもの
photo-news
ゴールシーンでは喜びを爆発
photo-news
“てれるくん”の愛称で大会を盛り上げた川崎フロンターレの水谷菜沖(左)
photo-news
準決勝では川崎FとFC東京の“多摩川クラシコ”に
photo-news
決勝前のド派手な演出
photo-news
清水とFC東京がファイナルの舞台に立った
photo-news
FC東京の田崎雅幸(左)、源怜維(中央)、佐渡航
photo-news
清水の鈴木大樹(左)、岡田悠(中央)、佐野一平
photo-news
強さを発揮し続けた佐野だが、決勝ではまさかの完敗
photo-news
第1戦で勝利を収めた田崎がガッツポーズ
photo-news
佐渡が勝利すれば、FC東京の優勝が決定
photo-news
しかし鈴木が冷静に第2戦を制した
photo-news
第3戦は源が驚異の粘りをみせる
photo-news
延長戦までもつれた戦いは、岡田が最後に勝利を収めた
photo-news
清水は優勝賞金500万円を獲得
photo-news
FC東京も200万円を手にした
photo-news
eJリーグ杯を掲げる
photo-news
サポーターがクラブに貢献する、新たな形の取り組みとなった

TOP