beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

「勝ちたい気持ちで一つに」仙台ユースが終了間際に執念の一撃!阪南大高を退けて2回戦へ(12枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグ2019プレーオフは13日、1回戦が行われ、ベガルタ仙台ユース(東北2/宮城)が阪南大高(関西/大阪)を1-0で下した。

●高円宮杯プレミアリーグ2019特集
●高円宮杯プリンスリーグ2019特集
写真を見る
photo-news
終盤セットプレーから得点し、喜びを爆発させる仙台ユースの選手たち
photo-news
今大会5年ぶりの勝利を挙げた仙台ユースの先発メンバー
photo-news
惜敗した阪南大高の先発メンバー
photo-news
阪南大高MF窪田伊吹(3年)は技術の高さを見せ多くの決定機に絡んだがゴールを奪えず
photo-news
阪南大高主将DF高木践(3年)は体を張った守備で相手のカウンター攻撃を防いだ
photo-news
阪南大高DF小西宏登(2年)は左サイドから駆け上がりシュートを放つ場面も
photo-news
後半頭から途中出場の阪南大高MF田井光(2年)は右サイドから鋭い突破を見せ決定機をつくった
photo-news
U-18日本代表でトップ昇格内定の仙台ユースGK小畑裕馬(3年)は「勝つんだろ!」とチームを鼓舞する声と安定したセービングを見せた
photo-news
CKからのヘディングシュートでゴールを決めた仙台ユースMF工藤真人(3年/左)。守備でも奮闘を見せた
photo-news
CKで先制ゴールをアシストしたDF佐々木勇輔(3年)。左サイドからのクロスにも鋭さがあった
photo-news
仙台ユースFW清水一雅(3年)はシュート1本に終わるも攻守に奮闘を見せた
photo-news
試合後は応援していたベンチ外選手と共に勝利を喜んだ仙台ユースの選手たち

TOP