beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

バルサが敵地で価値あるドローも…ピケ負傷などで第2戦に暗雲(15枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は25日、決勝トーナメント1回戦第1戦を行い、バルセロナ(スペイン)は敵地でナポリ(イタリア)と対戦し、1-1で引き分けた。

●チャンピオンズリーグ(CL)19-20特集
●世界最高峰の戦いを見逃すな!!“初月無料”DAZN独占配信
写真を見る
photo-news
FWアントワーヌ・グリエーズマンの同点弾でバルセロナが第1戦をドローに持ち込む
photo-news
後半12分、右サイドからの折り返しを冷静に決めて貴重なアウェーゴールを奪った
photo-news
前半30分、FWドリース・メルテンスが右足のコントロールショットをゴール右上に突き刺して先制
photo-news
photo-news
ナポリのジェンナーロ・ガットゥーゾ監督、バルセロナのキケ・セティエン監督は欧州CLで初の指揮を執った
photo-news
バルセロナがFWリオネル・メッシを中心に支配する展開もフィニッシュまで運べず
photo-news
なかなか決定機を作れずにいると、メルテンスに決められてビハインドの苦しい展開に
photo-news
それでもグリエーズマンがゴール前の勝負強さを見せて同点にした
photo-news
枠内シュート1本に抑えられながらも引き分けに持ち込んだ
photo-news
後半44分、FWアルトゥーロ・ビダルがDFマリオ・ルイとファール後に激しく衝突
photo-news
一挙2枚のイエローカードで退場処分を受けて第2戦を出場停止になった
photo-news
試合終了間際にDFジェラール・ピケが競り合いの着地の際に左足首を負傷
photo-news
交代を余儀なくされた
photo-news
MFセルヒオ・ブスケツも累積警告で第2戦を出場停止
photo-news
バルセロナはアウェーゴールを奪い有利な状況に立つも、第2戦は主力の負傷と出場停止で不安が残る

TOP