beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

4年間キャプテンを務めたMF長谷部「自分たちの力不足、それ以上でも以下でもない」

このエントリーをはてなブックマークに追加
[6.24 ブラジルW杯C組 日本1-4コロンビア クイアバ]

 日本代表キャプテンのMF長谷部誠はグループリーグ最終節となったコロンビア代表戦で、序盤から精力的な動きを見せた。相手に素早く寄せてボールを奪うだけでなく、ドリブルで自ら持ち込んで攻撃に厚みを加え、時にはミドルレンジからシュートを狙いゴールを脅かした。

 しかし、前半をFW岡崎慎司のゴールで1-1で折り返しながらも、後半に3点を奪われてザックジャパンのグループリーグ敗退が決まり、ブラジルW杯を後にすることになった。

 グループリーグ敗退という結果に「自分たちの力不足です。それ以上それ以下でもないです」と語った長谷部は、「チームメイト、選手だけでなく、監督、スタッフを含めたこのチームに誇りにを持っていました。でも結果が出なかったので、応援して下さった方に本当に申し訳ない気持ちです」と続けた。

 そしてザックジャパン発足以降、キャプテンマークを巻き続けたことに「結果がすべての世界なので。この大会のために4年間やってきて結果が出なかったので、キャプテンとして非常に責任を重く感じています」と話している。

 この試合では、前線から激しくプレッシャーを掛けるだけでなく、攻撃に人数をかけて複数人が絡みながらゴールを狙うなど、コートジボワール戦やギリシャ戦以上に、日本らしいサッカーは見せていた。長谷部は「とにかく日本のサッカーを継続して、未来に向かって同じプランを描いてやっていくことが大事だと思う。そういう部分では今日の試合では少しは見せられたと思うけど、この大会を通して考えると非常に残念な結果でした」と大会を振り返った。


★大会日程やTV放送、最新情報をチェック!!
2014W杯ブラジル大会特設ページ
★全64試合の公式ダイジェスト動画を配信!!
2014W杯ブラジル大会動画ページ


TOP