beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

薄氷勝利のU-21代表…森保監督は「ベストなトライ」とチームを評価(24枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 AFC U-23選手権グループリーグ第1戦が10日に行われ、U-21日本代表はU-23パレスチナ代表に1-0で勝利した。

●AFC U-23選手権2018特集ページ
写真を見る
photo-news
初陣を勝利で飾った森保ジャパン
photo-news
オフ明けで十分なトレーニングを積めない中で結果を残した
photo-news
森保一監督は「私が要求するコンセプトを大会初戦の難しく厳しい戦いの中でベストなトライをしてくれた」とチームを評価
photo-news
13日に開催される第2戦ではタイと戦う
photo-news
入念にアップを行うGK波多野豪(FC東京)
photo-news
GK阿部航斗(筑波大)は新潟ユース出身でトップチームに2種登録された経験も持つ
photo-news
DF柳貴博(FC東京)は所属クラブでチームメイトの波多野、U-23タイ代表ジャキットとともに今大会に出場
photo-news
高卒ルーキーながら17年のJ1で18試合に出場し、1得点を挙げたDF原輝綺(新潟)
photo-news
DF古賀太陽(柏)はユーティリティー性とビルドアップ能力を武器に今大会での飛躍を目指す
photo-news
今月6日に追加招集されたMF長沼洋一(岐阜)
photo-news
プロ入りから昨年7月まで森保監督の指導を受けていたMF森島司(広島)
photo-news
FW旗手怜央(順天堂大)は長沼と同じく追加招集からレギュラー奪取を狙う
photo-news
3バックの右で相手の攻撃を抑え切ったDF庄司朋乃也(金沢)
photo-news
右ウイングバックを務めたMF藤谷壮(神戸)は何度も縦に仕掛けた
photo-news
鋭い右クロスで味方のチャンスを演出
photo-news
チームとしてピンチもあったが、GK小島亨介(早稲田大)は安定したセービングで完封に成功
photo-news
左ウイングバックとして高い位置で攻撃に絡んだMF浦田樹(北九州)
photo-news
エースナンバーを背負うMF三好康児(札幌)
photo-news
果敢にゴールへ迫った
photo-news
FW小松蓮(産業能率大)は最前線で体を張り、後半18分までプレー
photo-news
小松との交代で途中出場したFW田川亨介(鳥栖)
photo-news
攻撃を活性化しようと試みた
photo-news
MF高木彰人(G大阪)は後半35分に三好と代わってピッチへ送られ、同42分には惜しいシュート
photo-news
日本は後半アディショナルタイム2分に浦田を下げてMF遠藤渓太(横浜FM)を投入すると、そのまま1-0で逃げ切った

TOP