beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

「プロに入って初めてかも」勝利導くビューティフル弾の鹿島MF安部(8枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 FIFAクラブワールドカップ2018の準々決勝が15日に行われ、アジア代表の鹿島アントラーズは北中米カリブ海代表のグアダラハラ(メキシコ)に3-2で逆転勝ちした。

●クラブW杯2018特集
写真を見る
photo-news
決勝点を記録したMF安部裕葵(左)
photo-news
後半39分にPA内左から右足でシュート
photo-news
鮮やかな軌道でゴール右へ
photo-news
自身の3点目が勝負の決め手となった
photo-news
後半開始から途中出場した安部
photo-news
後半39分に貴重な追加点をゲット
photo-news
「あんなきれいなゴールはプロに入って初めてかも」
photo-news
レアル戦について「我慢する時間が長くなると思うけど、我慢するのは日本で一番得意なチーム。しっかり我慢して、勝利に向かっていければ」と話した

TOP