beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

一時同点とするミドル…10番MF食野が改めて感じたこと(12枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 U-23日本代表は9日、AFC U-23選手権のグループB第1節でU-23サウジアラビア代表と対戦し、1-2で敗れた。

▼AFC U-23選手権タイ2020(東京五輪最終予選)特集ページ
写真を見る
photo-news
後半11分に同点ゴールを奪ったMF食野亮太郎
photo-news
左からカットインして右足を振り抜くと、DFに当たったシュートがネットを揺らした
photo-news
「角度はなかったけど、打ってみようと思ったら入った。シュートは打ってみるものだと改めて感じたし、あれが自分の特長なので、これからも続けたい」
photo-news
得点に手応えを示しつつも、「チームが勝っていない。勝たないと意味がない。もっと決められる場面があったので、次はそこを決めていきたい」と貪欲に語った
photo-news
旗手との2シャドーで先発出場した食野
photo-news
今大会はエースナンバーを背負う
photo-news
相手の激しい守備を受けたが、簡単には奪われないキープ力と積極的なドリブル突破で攻撃をけん引
photo-news
自身の持ち味を見せた
photo-news
0-1の後半11分に左サイドの杉岡からパスを受けると、中央へ持ち出して右足を一閃
photo-news
相手に当たったシュートがGKの逆を突いてネットを揺らした
photo-news
東京五輪イヤーのチーム初得点とともに、同代表での初得点を記録
photo-news
12日のシリアでは勝利につながるゴールを狙う

TOP