beacon
このエントリーをはてなブックマークに追加
サウジアラビア代表
(2大会連続6回目)

■カタールW杯日程
11/22 ○2-1 アルゼンチン [ルサイル]
11/26 ●0-2 ポーランド [ドーハ/エデュケーション]
11/30 ●1-2 メキシコ [ルサイル]

■サウジアラビア代表最新メンバー
※22/11/11発表(カタールW杯メンバー)

▽GK
1 モハメド・アル・ヤミ(アルアハリ)
21 モハンメド・アルオワイス(アルヒラル)
22 ナワフ・アル・アキディ(アルナスル)

▽DF
2 スルタン・アルガンナム(アルナスル)
3 アブドゥラー・マドゥ(アルナスル)
4 アブドゥレラー・アルアムリ(アルナスル)
5 アリ・アルブライヒ(アルヒラル)
6 モハンメド・アルブライク(アルヒラル)
12 サウード・アブドゥルハミド(アルヒラル)
13 ヤシル・アルシャハラニ(アルヒラル)
17 ハッサン・タムバクティ(アルシャバブ)

▽MF
7 サルマン・アルファラジュ(アルヒラル)
8 アブドゥレラー・アルマルキ(アルヒラル)
14 アブドゥラー・オタイフ(アルヒラル)
15 アリ・アルハッサン(アルナスル)
16 サミ・アルナジ(アルナスル)
18 ナワフ・アルアビド(アルシャバブ)
23 モハメド・カノ(アルヒラル)
24 ナセル・アルドサリ(アルヒラル)
26 リヤド・シャラヒリ(アブハ)

▽FW
9 フィラス・アルビラカン(アルファテフ)
10 サレム・アルドサリ(アルヒラル)
11 サレー・アルシェフリ(アルヒラル)
19 ハッタン・バヘブリ(アルシャバブ)
20 アブドゥルラフマン・アルアブード(アルイテハド)
25 ハイサム・アシリ(アルアハリ)

■監督
エルベ・ルナール
(フランス)1968.9.30

■サウジアラビア代表チーム紹介
 アジア最終予選で日本を抑えてグループ首位通過を果たし、2大会連続6回目の出場。W杯本戦では初出場の1994年大会でベスト16と躍進したのを最後に、グループリーグ敗退が続いている。前回の2018年大会は開幕2連敗を喫し、最終節を前に終戦となった。今大会はアルゼンチン、ポーランド、メキシコと強豪揃いのグループ。苦戦が予想される中、第1戦のアルゼンチン戦や第2戦のポーランド戦で勝ち点をもぎ取り、メキシコとの第3戦に望みをつなげられるかが焦点となりそうだ。
 フランス人のエルベ・ルナール監督が3年以上かけて作り上げたチームは、攻守の切り替えが早いアグレッシブなスタイルが特徴。国内組主体のメンバー編成による連係面のメリットや、開催地カタールの隣国としての地の利を生かし、サプライズを起こせるか。

■サウジアラビア代表チームデータ
W杯過去最高成績:ベスト16(1994年)
アジア杯過去最高成績:優勝3回(1984、1988、1996年)

■サウジアラビア代表の過去のW杯成績
1930年:(不参加)
1934年:(不参加)
1938年:(不参加)
1950年:(不参加)
1954年:(不参加)
1958年:(不参加)
1962年:(不参加)
1966年:(不参加)
1970年:(不参加)
1974年:(不参加)
1978年:(予選敗退)
1982年:(予選敗退)
1986年:(予選敗退)
1990年:(予選敗退)
1994年:ベスト16
1998年:グループリーグ敗退
2002年:グループリーグ敗退
2006年:グループリーグ敗退
2010年:(予選敗退)
2014年:(予選敗退)
2018年:グループリーグ敗退(★大会メンバーリスト)

■サウジアラビア代表の過去のアジア杯本大会成績
1956年:(不参加)
1960年:(不参加)
1964年:(不参加)
1968年:(不参加)
1972年:(不参加)
1976年:(棄権)
1980年:(棄権)
1984年:優勝
1988年:優勝
1992年:準優勝
1996年:優勝
2000年:準優勝
2004年:グループリーグ敗退
2007年:準優勝
2011年:グループリーグ敗退(★大会メンバーリスト)
2015年:グループリーグ敗退
2019年:ベスト16

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2022W杯カタール大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2022W杯カタール大会日程&TV放送

TOP