beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

J2で再び“水かけ事件”…PK控えた愛媛GKが顔面に水噴射を受ける

このエントリーをはてなブックマークに追加

顔面に水をかけられた愛媛GKパク・ソンス

[9.24 J2第34節 愛媛2-3横浜FC ニンスタ]

 ニンジニアスタジアムで開催されたJ2第34節の愛媛FC横浜FCで不適切な行為が行われ、両チームがヒートアップする場面が生まれた。

 問題のシーンは前半29分。横浜FCが右CKの競り合いからPKを獲得すると、プレーが切れた最中にゴール脇で水を飲んでいた愛媛GKパク・ソンスに対し、横浜FCのFWジョン・チュングンが握っていたボトルを絞って顔面に水を噴射させた。直後に愛媛の選手たちは猛抗議。しかし、主審は両チームの選手たちをなだめ、カードが出ることなく試合が再開された。

 “水かけ行為”に関しては、4月29日にフクダ電子アリーナで行われたJ2第10節の千葉対徳島で、徳島DF馬渡和彰がボールボーイを小突いて一発退場し、試合後に徳島サポーターが別のボールボーイに液体をかけたことが問題となっていた。その後、馬渡にはJリーグから2試合の出場停止、該当のサポーター1名にはクラブから無期限の入場禁止の処分が下っている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2017シーズンJリーグ特集ページ
●[J2]第34節2日目 スコア速報



TOP