beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

10年以降のインハイ静岡県代表成績_静学が10年の初出場から6度全国へ。福島、木本奮闘の11年に準V

このエントリーをはてなブックマークに追加

19年の清水桜が丘高はMF古長谷千博らが優勝校・桐光学園高を苦しめたが、PK戦で敗れた。(写真協力=高校サッカー年鑑)

[2010年以降のインターハイ静岡県代表校成績]

 2010年以降のインターハイ静岡県代表には静岡学園高が6度輝いている。インターハイに縁がなく、8度県予選決勝で敗れていたが、MF大島僚太(現川崎F)やMF星野有亮(元金沢)が3年生だった10年に悲願の初出場。全国大会では怪我の大島が出場できなかったものの、札幌一高(北海道1)と鹿児島城西高(鹿児島)に快勝してベスト16へ進出した。

 翌11年には準優勝。右SB伊東幸敏主将(現鹿島)やMF長谷川竜也(現川崎F)といった主力を怪我で欠きながらも、GK福島春樹(現浦和)やDF木本恭生(現C大阪)が奮闘する。2回戦では前年度の全国高校選手権優勝校・滝川二高(兵庫)と対戦。1-1で突入したPK戦で福島が2人連続で止めて勝利すると、大阪桐蔭高(大阪2)との準々決勝でもPK戦で勝利する。そして、流通経済大柏高(千葉2)を後半終了間際の劇的な決勝点で破り、準決勝突破。決勝でもMF渡邊隼(元FC刈谷)のスーパーミドルで先制したが、桐蔭学園高(神奈川2)に逆転負けして準優勝だった。

 静岡学園は12年と16年にもベスト8進出。12年は2、3回戦で計13得点を叩き出し、うち7得点を記録したFW木部未嵐(元松本)が得点王を獲得した。2年生MF米田隼也(現長崎)も岡山学芸館高(岡山)戦で2得点をマークしている。GK山ノ井拓己(現福岡)とGK田原智司(現慶應義塾大)の実力派GK2人を擁した16年は2人が交互にゴールを守り、3勝。FW福原涼太(現関西大)が1、2回戦で連続ハットトリックを記録し、2年生MF渡井理己(現徳島)も2試合連続3アシストで勝利に貢献している。渡井が主将を務めた17年は3回戦敗退。米田や2年生CB石渡旭(現福島)、U-17代表MF須藤駿介(→早稲田大)を擁していた13年は初戦敗退に終わっている。

 清水商高の伝統を受け継ぐ清水桜が丘高は1年生FW白井海斗(現順天堂大)の活躍などによって15年に初出場。FW山田柊斗の2ゴールの活躍などで水橋高(富山)を破り、初勝利を挙げた。19年大会ではMF古長谷千博(現常葉大)の2ゴールによってプレミアリーグ勢の東福岡高(福岡)を2-0で撃破。2回戦ではPK戦の末に敗れたものの、優勝校・桐光学園高(神奈川1)を大いに苦しめた。

 名門・藤枝東高は18年大会で11年ぶりとなるインターハイ出場。FW井上燎哉(現立命館大)とMF平尾拳士朗(現中央大)のゴールによって神村学園高(鹿児島)に競り勝ったが、PK戦で2回戦敗退となった。東海大一高の伝統を受け継ぐ東海大翔洋高は14年大会で2度目の出場。東海大三高(長野)とのPK戦でGK西垣拓海が3本を全て止めて1勝している。

以下、10年以降のインターハイ静岡県代表校成績 ※()内は出場回数

[2019年]
代表校:清水桜が丘高(2)
1回戦 2-0 東福岡高(福岡)
2回戦 0-0(PK7-8)桐光学園高(神奈川1)

[2018年]
代表校:藤枝東高(13)
1回戦 2-1 神村学園高(鹿児島)
2回戦 0-0(PK1-3)明秀日立高(茨城)

[2017年]
代表校:静岡学園高(6)
2回戦 3-1 星稜高(石川)
3回戦 2-3 旭川実高(北海道2)

[2016年]
代表校:静岡学園高(5)
1回戦 5-0 一条高(奈良)
2回戦 5-1 四学大香川西高(香川)
3回戦 2-0 大阪学院大高(大阪1)
準々決勝 0-1 昌平高(埼玉1)

[2015年]
代表校:清水桜が丘高(初)
1回戦 3-1 水橋高(富山)
2回戦 2-3 関東一高(東京1)

[2014年]
代表校:東海大翔洋高(2)
1回戦 0-0(PK3-0)東海大三高(長野)
2回戦 1-2 山梨学院高(山梨1)

[2013年]
代表校:静岡学園高(4)
2回戦 0-2 韮崎高(山梨)

[2012年]
代表校:静岡学園高(3)
2回戦 4-2 近大附高(大阪2)
3回戦 9-0 岡山学芸館高(岡山)
準々決勝 1-3 三浦学苑高(神奈川2)

[2011年]
代表校:静岡学園高(2)
1回戦 4-0 都市大塩尻高(長野)
2回戦 1-1(PK4-2)滝川二高(兵庫)
3回戦 4-0 海星高(長崎)
準々決勝 0-0(PK5-4)大阪桐蔭高(大阪2)
準決勝 2-1 流通経済大柏高(千葉2)
決勝 1-2 桐蔭学園高(神奈川2)

[2010年]
代表校:静岡学園高(初)
1回戦 5-0 札幌一高(北海道1)
2回戦 2-0 鹿児島城西高(鹿児島)
3回戦 0-1 桐光学園高(神奈川1)

現浦和のGK福島春樹は11年大会の滝川二高戦でPK2本をストップ。(写真協力=高校サッカー年鑑)

MF大島僚太(現川崎F)は10年大会で静岡学園高の初出場に貢献。だが、全国大会は怪我でピッチに立つことができず。

※禁無断転載(C)高校サッカー年鑑、ゲキサカ


●【特設】高校総体2020

TOP