beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

終盤に均衡破れる! 鹿島がエヴェラウドの今季13点目で広島に勝利

このエントリーをはてなブックマークに追加

鹿島FWエヴェラウドが決勝ゴールを挙げた

[10.24 J1第24節 鹿島1-0広島 カシマ]

 J1第24節が24日に各地で開催された。6位鹿島アントラーズはホームで10位サンフレッチェ広島と対戦。後半31分に生まれたFWエヴェラウドのゴールが決勝点となり、1-0で白星を手にした。前節の神戸戦(○3-1)に続き、2連勝となっている。

 先に攻撃のペースを握ったのは鹿島だった。前半19分には右CKの流れからDF町田浩樹が決定的なチャンスを迎えるが、ヘディングシュートはGK林卓人にセーブされる。

 すると、アウェーの広島が徐々にチャンスを増やしていく。前半34分、FWドウグラス・ヴィエイラからの浮き球パスに走り込んだMFエゼキエウがPA内左に進入。角度のない位置から左足で放ったシュートは、惜しくもクロスバーと右ポストに当たった。

 続けて前半37分、右サイドのD・ヴィエイラが右足でクロスを送り、中央でフリーのMF森島司が頭で合わせるも、ヘディングシュートは枠を外れる。前半はそのまま0-0で終了した。

 後半も一進一退の攻防が続く中、後半26分に左サイドで仕掛けた広島MF浅野雄也がバックパスを出し、走り込んだMF東俊希が左足でダイレクトシュート。しかし、GK沖悠哉の懐に収まる。

 終盤に入り、先にスコアを動かしたのは鹿島だった。後半31分、自陣の右サイドからMF三竿健斗が左足でロングボールを供給。前線のエヴェラウドがDF野上結貴と競りながら胸トラップで抜け出すと、PA内中央で右足を振り、豪快にゴールへ叩き込む。エヴェラウドは4試合ぶりとなる今季13得点目を記録した。

 その後、鹿島は相手の反撃をシャットアウト。無得点で敗れた広島は2試合ぶりの黒星となった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J1]第24節1日目 スコア速報

TOP