beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

栃木、35歳元日本代表DF三都主の獲得を発表「サッカーに対する情熱も最年長」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 栃木SCは11日、名古屋グランパスから契約満了となっていた元日本代表DF三都主アレサンドロの獲得を発表した。三都主は35歳にして初めてJ2でプレーすることとなる。

 両クラブを通じてコメントを発表した三都主。名古屋を通じては、「名古屋グランパス関係者の皆さん、そして名古屋グランパスサポーターの皆さん、3年半サポート、応援ありがとうございました。僕にとって、忘れられない3年半でした。もちろんその中で、嬉しいことと、辛いこともありました。でも、それがサッカーです。人として、選手としても成長できた3年半でした。特に、この最高の仲間たちとプレーしたこと、そして優勝できたことは僕の誇りです。これからも共に向上し続けて頑張っていきましょう」。

 栃木を通じては、「皆さん、初めまして。三都主アレサンドロです。栃木SC関係者の皆さんが、僕に目を向けてくれたことは、とても嬉しいです。J2でプレーするのは初めての経験ですが、僕も初心に帰り一から頑張っていきたいと思います。そして、サポーターの皆さんには、今まで様々なチームでプレーしてきた経験を活かし、期待に応えられるように、必死で頑張ることを約束します。35歳でチームの中では最年長ですが、サッカーに対する情熱も最年長並みです。早くチームに溶け込んで、みんなが一つになって、J1昇格を目指して頑張っていきましょう」とあいさつしている。

以下、プロフィール
●三都主アレサンドロ
(SANTOS Alessandro)
■生年月日
1977年7月20日
■出身地
ブラジル
■身長/体重
178cm/69kg
■利き足

■所属歴
明徳義塾高→清水→浦和→レッドブル・ザルツブルグ→浦和→名古屋
■通算成績
J1:353試合67得点
Jカップ戦:37試合4得点
天皇杯:49試合10得点


▼関連リンク
2013年Jリーグ移籍情報ページ

TOP