beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[クラブユース選手権U-18]福岡U-18が歴史変える!前回王者下して初の決勝Tへ!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

[7.28 日本クラブユース選手権1次R第3節 福岡U-18 1-0柏U-18 前橋総合]

 引き分け続きからの脱出で歴史の扉をこじ開けた。夏のクラブユース日本一を決めるadidas CUP 2013第37回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会は28日に群馬県内で1次ラウンド最終節を行い、Cグループのアビスパ福岡U-18(九州1/福岡)は前回王者の柏レイソルU-18(関東7/千葉)を1-0で下してグループ2位で決勝トーナメント進出を決めた。

 2戦2分で3位につけていた福岡が自力で決勝トーナメントに進むためには、勝つしかない。試合の立ち上がりから勢いよく攻め込んだ。8分、左ショートコーナーの流れからMF山口晃大のクロスをMF牛之濱容がしゃがみながら頭で合わせたが、オフサイドの判定でゴールは認められなかった。その後はポゼッションサッカーを展開する柏に主導権を奪われ、柏のFW大島康樹に2度の決定的なシュートを打たれたが、GK川島大輝のセーブで難をしのいだ。そして、中盤でボールを奪ってからのカウンターでミドルシュートに持ち込んで対抗し続けた。

 福岡が試合の流れをつかんだのは後半からだった。6分にFW佐々木亜門がドリブルシュートで口火を切ると、13分、再三オーバーラップを見せていた左DF光永祐也が鋭いカットインからゴールを強襲して先制に成功。その後も長身FW渡辺瑞基やMF関恭範が柏ゴールを狙い続けた。終盤は柏の猛攻を受けたものの、粘り強い守備でシャットアウト。試合終了のホイッスルが鳴ると同時に福岡イレブンは歓喜を爆発させた。

 福岡は今季、主戦場のプレミアリーグWESTで開幕戦こそ勝ったものの、その後は5分3敗と勝ち星がない。今大会も第1戦でC大阪U-18、第2戦で東京Vユースに引き分けており、勝利がなかった。全国レベルの戦いでは久々となる勝利を挙げ、1年生ながら攻守のつなぎ役として活躍したMF野中優之介は「やっと勝てた」と笑顔を見せた。14度目出場の福岡にとって、今大会での決勝トーナメント進出は初めて。先制点を挙げた光永は「今日負けたらこの大会はもう終わりという状況だったし、今まで行ったことがない決勝トーナメントに進みたかった」と話し、次のステージに向けて「強い相手ばかりだと思うけど、チーム一丸で強い気持ちを持って戦いたい」と意気込んだ。せっかくつかんだチャンスだ。新たな歴史の歩みを止めるつもりは毛頭ない。

(取材・文 平野貴也)
▼関連リンク
【特設ページ】第37回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会

TOP