beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

3連勝後に2連敗の横浜FM中町「もう一度原点に戻る」

このエントリーをはてなブックマークに追加

[3.29 J1第5節 横浜FM1-3鹿島 日産]

 前節の教訓を生かすように、背番号8は試合開始から積極的な姿勢を示した。横浜F・マリノスのMF中町公祐は試合開始直後に、この試合のファーストシュートを放つと、その後も鹿島の選手に激しいプレッシャーをかけるなど、前への意識を示し続けた。

 その姿勢を打ち出したのは、やはり前節の経験があったから。前節の甲府戦では前半のシュート数がゼロに終わり、1試合を通してのシュート数も4本に抑え込まれた。「甲府戦でああいう試合をしてしまったので、もう一度攻撃の重要性をチームで認識してこの試合に臨みました」。そう語ったように、序盤から横浜FMはチーム全体として積極性を見せていた。

 その中でも中町の姿勢は際立った。「相手もさほど前に出てこなかったので、攻撃に人数を掛けながら、分厚い仕掛けができればいいと思っていた。守備の面では、相手のボランチが生命線になるので、そこは抑えどころだとチームの認識としてありました」と振り返ったように、攻撃で前に行くだけでなく守備でも奮闘。鹿島のボランチMF小笠原満男やMF柴崎岳に激しくプレッシャーをかけ続けた。

 チームは先行しながらも逆転負けを喫した。特に同点に追い付かれたゴールが鹿島に勢いをもたらしてしまったと話している。「同点に追い付かれた失点はウチらしくない失点だった。それで相手の勢いが出るのは当然で、さらに主導権の握り合いで向こうに取られてしまった。ゲームの体力的なものもそうだし、オープンな展開になったところで相手のプレー精度が高く追加点を奪われたと思っています」。

 チームはリーグ戦開幕3連勝を飾りながらも2連敗を喫した。ACLでは未勝利と不振に陥っているが、「3連勝していたときの手応えはあったし、新しい選手が入ってきて良い循環が生まれていた。バタバタする必要はないし、もう一度原点に戻って次節以降につなげていきたい」と視線を上に向けた。

(取材・文 折戸岳彦)

▼関連リンク
[J1]第5節スコア速報

TOP