beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

香川が今季初アシスト! マンUが逆転でアストン・ビラを撃破

このエントリーをはてなブックマークに追加

[3.29 プレミアリーグ第32節 マンチェスター・U 4-1 アストン・ビラ]

 プレミアリーグは29日、第32節を各地で行い、日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・ユナイテッドは、ホームでアストン・ビラと対戦した。前半13分に先制されたが。FWウェイン・ルーニーが前半で2点を取って逆転すると、後半12分にはMFフアン・マタが移籍後初ゴールを記録。後半アディショナルタイムにもFWハビエル・エルナンデスがゴールを決めて、ユナイテッドが4-1で勝利した。香川は先発出場して後半23分までプレー。ルーニーの同点弾をアシストするなど、逆転勝利に貢献している。

 デイビッド・モイーズ監督の解任を求める声が増す中、ユナイテッドは、この日も先制点を取られてしまう。前半13分にMFアシュリー・ウェストウッドが直接FKをゴールに沈め、アウェーに乗り込んだアストン・ビラが先手を取った。

 しかし、ユナイテッドも前半20分、左サイドでボールを持った香川が中央にクロスを入れると、ルーニーがヘディングシュートをゴールに決めて試合を振り出しに戻す。今季初アシストを決めた香川は、与えられた出場機会でさらにアピールする。前半終了間際には、マタへスルーパスを通す。PA内でマタは相手DFに倒され、ユナイテッドはPKを獲得した。これをルーニーが決めて、2-1と逆転に成功する。

 後半の立ち上がりは、アストン・ビラが再び攻勢に出たが、シュートを枠に飛ばせない。逆にユナイテッドは後半12分、マタがゴール前の混戦から移籍後初ゴールを右足で決めて、リードを2点に広げる。欧州CLのバイエルン戦が控えているユナイテッドは、後半23分に香川、同30分にルーニーをベンチに下げる。

 それでも、後半アディショナルタイムには、香川に代わって出場したMFアドナン・ヤヌザイの突破から、ルーニーと交代したエルナンデスがゴールを決め、ユナイテッドが選手層の厚さを示すことになった。このまま試合は終了し、4-1でユナイテッドが逆転勝利を収めている。

▼関連リンク
欧州組完全ガイド
プレミアリーグ2013-14特集



TOP