beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

違約金83億円、海外メディアが田中順也の契約に驚く「田中って誰?」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ポルトガル1部リーグのスポルティング・リスボンは6月29日に柏レイソルから元日本代表FW田中順也を獲得したと発表した。以前からポルトガルメディアによって移籍は報じられていたが、正式に契約が成立した。

 FWクリスティアーノ・ロナウドを輩出するなど、欧州でも有数の名門クラブへの移籍を果たした田中だが、発表された契約内容がさらに話題を集めている。スポルティング・リスボンは公式サイトで田中と5年契約、他クラブへ移籍する際に発生する違約金はなんと6000万ユーロ(約83億円)とする契約を交わしたと発表した。初の海外移籍を果たすJリーガーに、この契約内容は異例とも言える。

 海外メディアもこの契約内容に反応。特にイタリアメディアは「そもそも田中って誰だ?」との見出しを付けて、この話題を取り上げている。

 『スポーツカフェ24』はスポルティング・リスボンが歴史的に見てもタレントを見出すことに長けていると紹介しながらも、「この分野に詳しく、日本のすばらしくて強いストライカー(???)に熟知している人であっても知らない」と“日本通”でさえ知らない選手だと紹介。わざわざ、「日本のすばらしくて強いストライカー(???)」と揶揄した表現を使いながら、驚きを伝えている。

 そして違約金6000万ユーロが驚きに拍車をかけているようで、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は「これは読み間違いではない。どこの誰ともわからない選手に、超高額の条項がつけられたのだ」と記載。『トゥット・カルチョ』は「ただのマーケティングか?それは今は誰にも分からない。ただ大きな期待が寄せられていることは分かる。ミスター田中に幸運を」と報じている。


▼関連リンク
欧州組完全ガイド

TOP