beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

2位、3位、3位…“4度目の正直”でW杯制覇のクローゼ「ずっと夢だった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

[7.13 ブラジルW杯決勝 ドイツ1-0(延長)アルゼンチン リオデジャネイロ]

 ドイツの優勝を告げるホイッスルが鳴り響くと、ベンチを一目散に飛び出した。GKマヌエル・ノイアーに抱き付き、次々とチームメイトと抱擁をかわすFWミロスラフ・クローゼの目には涙も浮かんでいた。

 “4度目の正直”だった。2002年の日韓大会から4大会連続のW杯出場。4大会連続でゴールを決め、今大会の2ゴールでW杯通算16得点とし、元ブラジル代表FWロナウドが持っていた歴代最多得点記録を塗り替えた。新たな歴史をつくったストライカーも、しかし優勝だけはあと一歩のところで逃し続けてきた。

「一度(2002年)は準優勝、2回(2006年、2010年)は3位だった。これはW杯なんだ。その事実を受け入れることは難しかった。ここでトロフィーを掲げることがずっと夢だった」

 1トップで先発したクローゼは後半43分にMFマリオ・ゲッツェと交代した。ベンチに下がる背番号11を、スタンドのドイツサポーターはスタンディングオベーションで迎えた。おそらくこれが最後のW杯になるであろう36歳のベテランFWの最後の雄姿を見守った。

 ゲッツェと交代する際、「お前なら何かを起こせる」と言葉をかけたというクローゼ。「このチームのパフォーマンスは素晴らしかった。僕らは常に冷静でいようとした。自分たちが優勝に値するだけのクオリティーを持っていたことを知っていたからだ」。12年越しの悲願。夢にまで見たW杯のトロフィーを掲げ、感無量の表情だった。


★大会日程やTV放送、最新情報をチェック!!
2014W杯ブラジル大会特設ページ
★全64試合の公式ダイジェスト動画を配信!!
2014W杯ブラジル大会動画ページ



TOP