beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

互角だったと見るインザーギ 「もっと注意力があれば勝てた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ミランは15日、セリエA第23節でエンポリをホームに迎え、1ー1で引き分けた。フィリッポ・インザーギ監督は、軽率な失点を嘆いている。

 ミランは前半を1点のリードで折り返したが、68分に失点。相手FWマッシモ・マッカローネをフリーにしてしまい、あっさりとヘディングシュートを決められた。

 インザーギ監督は試合後、イタリア『スカイ・スポーツ』で次のように述べている。

「我々は今、こういった時期にいる。たった30秒で負傷により選手を失った。もう少し注意力があれば、1ー0で勝つことができたね。選手たちは、10人になったときも9人になったときも良かった」

「試合は互角だった。うまくやってリードを得た。失点については非常に悔いが残る。我々は今、成長しているところだ。毎回メンバーを代えることに対していくつかの批判を目にしたが、私は負傷している選手を起用することはできない」

 スタジアムのファンからは、大きなブーイングがあった。

「ファンは私と同じだ。彼らは常により多くを求める。我々はそでをまくって、ブーイングを拍手に変えていかなければいけない」


▼関連リンク
セリエA2014-15特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP