beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

無名の逸材、東海学園MF渡辺柊斗が強敵退けて「NIKE MOST WANTEDグローバル ファイナル」進出!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 年代別日本代表や日本高校選抜、そして市立船橋高(千葉)や前橋育英高(群馬)、同じ愛知の中京大中京高といった全国常連の強豪校の選手たちの知名度には及ばない。それでも東海学園高のMF渡辺柊斗がスカウト陣から高評価を勝ち取り、MF渡邊凌磨(前橋育英高)とともに「NIKE MOST WANTEDグローバル ファイナル」への出場権を獲得した。1次選考免除で「ジャパンファイナル」から参加したナイキスカウト枠の選手が19名いたのに対し、渡辺は1次選考会の「関西セレクション」から勝ち抜いて掴んだ勝利。「率直に嬉しいです。正直、自分の出来的には悪くはなかったんですけど、いいとは言えなくて自信はなかったので呼ばれて良かった。まだ関西の時の方が良かったです。きょうも奪われるケースが多くて、でも他のところで補えたから選ばれたと思う。高校の名前を売るのにも貢献できたので嬉しいです」と微笑んだ。

 東海学園2年時に全国高校選手権に出場しているものの、3年時は全国総体予選4位、選手権予選も準決勝で敗退した。全国舞台に勝ち上がることができなかった。チームをプリンスリーグ東海へ導いているものの、結果の出なかった1年。それでも「自分の実力がどのくらいにあるのか試そうと思って受けました」という「NIKE MOST WANTED」でプロのスカウトや日本代表としてW杯を戦った経歴を持つ名良橋晃氏らに認められる活躍をして見せた。

 広い視野と高いキープ力、そして左足から繰り出すパス、シュート。セレクションを通してハイパフォーマンスを見せていたが、特に最終選考の11対11では中盤でボールを持つと「あのへんで持った時はドリブルかまずゴールを見る。チームでも狙っているんですけど、GKがだいぶ出ていたので思い切って打った」と、左足でGKの頭上を射抜くロングシュートを決めてインパクトも残した。名良橋氏は中盤ならどこでも発揮する攻撃力に加え「守備力もある。運動量も向こうでも負けないのでは」と評価。本人は納得の出来ではなかったというものの、要所要所で発揮したストロングポイントはしっかりとスカウト陣の脳裏に焼き付いていた。

 憧れの選手としてMF中村俊輔を挙げたMFはグローバルファイナルへ向けて「とにかくいい経験をしたい。上があるからには目指していきたいけれど、先に繋がるように」という。海外は家族旅行で行ったことがあるくらい。名古屋グランパス・愛知県・豊田市選抜の一員として豊田国際ユースサッカー大会でメキシコなどと戦った経験はあるものの、海外でサッカーをするのは初めて。いろいろなものを学び、吸収し、その経験を将来に繋げる。「とにかく自分のストロングポイントがどれだけ通用するのか知りたい。ストロングがある選手じゃないと上に上がっていけない。どれだけできるか試したい」。関西セレクション、ジャパンファイナルと納得のいくプレーはまだできていない。次は最高のプレーができるように準備し、世界で自身の実力を存分に試す。

(取材・文 吉田太郎)

TOP