beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「NIKE MOST WANTED」グローバルファイナル突破へ、MF渡邊凌磨、MF渡辺柊斗が鹿島練習参加

このエントリーをはてなブックマークに追加

 世界で戦える若き才能を発掘する世界的なスカウトプロジェクト、「NIKE MOST WANTED」のジャパンファイナル(2月)を通過したMF渡邊凌磨(前橋育英高→早稲田大)とMF渡辺柊斗(東海学園高→東海学園大)の2人が、4月23日に鹿島アントラーズのトレーニングに参加した。

 2人はイングランド代表の本拠地、セント・ジョージズ・パークで開催される「NIKE MOST WANTED」グローバルファイナル(5月1日~3日)に“日本代表”として出場。約6か月間のエリートトレーニングや欧州プロのスカウトの機会を得られる「ナイキアカデミー」入りをかけて、世界各国からスカウトされた才能たちと実力を競い合う。

 今回実現した名門・鹿島への練習参加は日本人初となるナイキアカデミー入りへ向けた最終トレーニングの一環。渡邊凌が「日本代表に行っている選手もいて、そういった選手のプレーを見て、一緒にプレーすることは良い刺激になりました。また、自分がそういった選手と戦っていくためにはどうすればいいのかを考えながらプレーしていました」と語り、渡辺柊が「技術的には大学のサッカーと変わらないなとも感じたんですけど、フィジカル面、スピードとか、相手への寄せとか、身体的なものは全然違いました。思った以上に全然違いました」と振り返ったトレーニングでは、まず1時間程度ランニングやボール回しのウォーミングアップを行った後、6人ずつ3チームに分かれ、ハーフコートをさらに半分に区切ったピッチでミニゲームを実施した。

 攻撃側、守備側が目まぐるしく入れ替わる変則メニューのこのミニゲームは1時間にわたって行われたが、その中で2人は懸命にプレーし、随所で高いテクニックを披露した。2人とともにミニゲームを行った日本代表DF昌子源は「2人ともドリブラーの印象ですね。タイミングを僕もずらされたり、シュートも1本も打たせないつもりでしたけど、見事に抜かれて、点を入れられる場面もありました。日本にはドリブルで勝負できるタイプはそれほど多くないので、ぜひ世界に行ってもドリブルでチャレンジしてほしいですね」と語り、「僕はポジションが2人とは違ってCBですけど、CBはとくに失点をして学ぶと言われます。僕は失点から多くのことを学んでいるので、アタッカーだったら相手にボールを取られても、次に抜くためにはどうすればいいか。失敗して学んでほしいと思います。僕自身もそうやって、まだまだ今も成長中だと自分でも思っているので。しっかり、これからもいろんなことを吸収してほしい」とアドバイスを送った。

 鹿島のトニーニョ・セレーゾ監督は「サッカーが好きで、自分の夢を追いかけているという、そのことがまず重要です。目指しているものを得られるように、幸運を祈っています。NIKEという素晴らしいバックアップがあって、夢への道を開いてもらったわけだから、このチャンスを生かして、ぜひ夢を実現させてください」とエール。2人は昌子やMF本山雅志のプレーに驚き、球際の強さをなどを体感したこの日の貴重な経験を世界での戦いや将来に繋げるつもりだ。

 渡辺柊は「今日の経験はすごく自分の中では大きくて、相手も強いし、つぶされたりしたんですけど、だからといって簡単にプレーするとかじゃなくて、やっぱり自分の良さを生かしながらプレーしたいと思います。もっと状況判断を早くして、自分の持ち味を出せるようにやっていきたいと思います」と宣言。そして渡邊凌は「(この日のトレーニングから)もっとタッチ数を少なくプレーしなきゃいけないんだな、と。ボールをもらう前にプランを考えて、相手の動きをしっかり見てないと、いいプレーは出せないと改めて思いました。グローバルファイナルではそこを生かせればと思います」と誓った。

 渡邊凌と渡辺柊はジャパンファイナルで世界切符を獲得してから体幹強化、筋力アップに努めるなど世界を意識したトレーニングを積んできた。そして名門クラブで学び、決意を新たにした2人は、4月30日にいよいよイングランドへ向けて出発する。

[写真]鹿島の練習に参加した渡邊凌(右)と渡辺柊(左)が日本代表DF昌子からエールを受けた

(協力=NIKE)

TOP