beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ベルギーリーグはゲントが優勝…スタンダール小野が途中出場

このエントリーをはてなブックマークに追加
[5.21 ベルギーリーグPO1第9節 ゲント2-0スタンダール・リエージュ]

 ベルギーリーグは21日、プレーオフ1の第9節を行った。GK川島永嗣とFW小野裕二が所属するスタンダール・リエージュは敵地でゲントと対戦し、0-2で敗れた。川島と小野はベンチスタート。小野は後半26分から途中出場している。

 目の前での優勝を阻止したいスタンダールだったが、前半18分に右CKの流れから失点。同20分にも左45度の位置からのFKがコースを突いたが、ここはGKテュラム・ユリアンが弾き出し、追加点は免れた。

 前半30分、スタンダールは右サイドで獲得したFKからFWイゴール・デ・カマルゴが右足で合わせるもゴール右へと外れる。同37分には、ゴール正面からのFKをMFアドリアン・トレベルが直接狙うが相手GKの横っ飛びセーブに阻まれた。

 1点ビハインドで迎えた後半4分、DFダミアン・デュソーがPA内で相手を倒してしまい、PKを献上。これをMFレナト・ネットに落ち着いて決められ、0-2。その後スタンダールは、終盤に向けて優勝ムード漂うスタジアムの雰囲気に押され、チャンスらしいチャンスを作ることができないまま試合を終えた。

 リーグ優勝を決めたゲントは、これまでカップ戦での優勝は3度あったが、リーグ優勝は初となった。

欧州組完全ガイド

TOP