beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[女子W杯]PKで明暗…アメリカが2大会連続の決勝進出

このエントリーをはてなブックマークに追加

 女子W杯の準決勝が行われ、アメリカ女子代表がドイツ女子代表を2-0で下し、2大会連続4回目の決勝進出を決めた。

 PKが明暗を分けた。後半18分にPKを獲得したドイツは、FWセリア・サシッチが蹴る。しかしボールは無情にも枠左に外れ、先制の絶好機を逃す。サシッチも顔を覆うようにして頭を抱えた。

 すると今度はアメリカにPKのチャンスがやってくる。キッカーはMFカーライ・ロイド。プレッシャーの中でGKの逆を突くキックをゴール右隅に蹴り込み、先制点をきっちり奪った。さらに同39分にDFケリー・オハラがダメ押し点を奪ったアメリカが、決勝へと駒を進めた。

 準決勝のもう1試合は日本時間明日2日に行われる。8時キックオフのゲームで連覇を目指す日本とイングランドが対戦する。

 決勝は日本時間6日月曜日の8時にキックオフ。ドイツが進んだ3位決定戦は日本時間5日日曜日の5時から行われる。

●女子W杯2015特集

TOP