beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[クラブユース選手権(U-18)]上手さに荒々しさも加えた大宮ユースが屈指の好カードを制す!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

[7.22 日本クラブユース選手権(U-18)大会GS第1節 大宮ユース 1-0 C大阪U-18 敷島補助]

 第39回日本クラブユース選手権(U-18)大会が22日に開幕し、グループステージ第1節が行われた。Dグループの注目カード、高円宮杯プレミアリーグWEST首位のセレッソ大阪U-18(大阪)とプレミアリーグEAST2位の大宮アルディージャユースが激突した一戦は、大宮がMF長谷川元希の決勝ゴールによって1-0で勝利。最激戦区・Dグループで好スタートを切った。

「正直、難しいかなと思った」。大宮のU-18日本代表候補のGK加藤有輝(3年)はC大阪、広島ユースというプレミアリーグWESTの強豪2チームに加え、プリンスリーグ東海首位の磐田U-18も入ったDグループの戦いが困難なものになることを予想していたという。中でも最も勢いのあるC大阪との初戦は、ピッチ状態の悪さもあってやはり簡単な試合にはならなかった。それでも「初戦勝つことによって流れを掴めると思っていたので、みんなこの試合に懸けていた。相手もWESTで首位なので、チャレンジャーという気持ちで戦ったことがいい結果に繋がった」と加藤。鮮やかなパスワークを売りとする大宮が、意識的に加えてきた荒々しさも武器に勝ち点3をもぎ取った。

 試合序盤、流れはC大阪にあった。序盤から運動量で差をつくるC大阪に対して大宮は試合の入りが悪く、やや受け身になっている選手も見られた。馬力ある動きでボールに絡むU-18日本代表FW岸本武流(3年)擁するC大阪は、左のU-18日本代表DF舩木翔(2年)、右の堀江大騎(3年)と質の高いキックを繰り出す両SBからの配球を含めて長いボールを活用して大宮を押し下げていく。2分には舩木を起点とした攻撃からFW井上泰斗(3年)がフィニッシュ。11分にはMF斧澤隼輝(2年)との連係から堀江がクロスを入れると、岸本を経由したボールをMF丸岡悟(3年)が左足で打ち込んだ。

 大宮も左SB朝妻佑斗(3年)やU-18日本代表MF黒川淳史(3年)が積極的に仕掛けるシーンもあったが、セカンドボールの攻防戦で圧倒され、前半半ばの飲水タイムまで流れを変わられなかった。それでもC大阪の勢いがやや収まると、大宮も自慢のパスワークで対抗。33分には相手のミスを突いたFW川田拳登の折り返しを黒川が左足で狙う。さらに34分、右タッチライン際で相手ボールを絡め取ったMF松崎快(3年)が中央へ運んで川田へつなぐと、川田がスルーパス。左中間からPAへ斜めに走り込んできた長谷川が右足シュートをゴールへ叩き込んだ。大宮の伊藤彰監督が「あれだけのプレッシャーが来ることは分かっていた。でも、そこで解放して逃がしてやればチャンスはあると思っていた。いいタイミングで仕事してくれた」と評した一撃で大宮がリードを奪った。

 先制した大宮は松崎や長谷川が思い切りの良いプレーを見せ出す。また2列目で正確なコントロールを見せる黒川と長谷川、そしてアンカーの位置で攻撃の舵を取るMF山田陸(2年)を中心としたパスワークでC大阪のプレスを剥がすシーンを増やした。伊藤監督が「前半の最後のところが決め手。守り切れたことが大きかった」と相手のパワーある攻撃を凌いで後半を迎えた大宮に対し、C大阪は厚みのある攻撃で攻め続ける。後半7分には岸本が体を投げ出して右SBへ繋いだボールを堀江がクロス。9分にはコンビネーションから交代出場のMF山本智也(3年)が右足を振りぬいた。セットプレー含めてゴール前に精度の高いボールを入れてくるC大阪だが、大宮は「弾けば1点」というボールをGK加藤が安定したキャッチングなどで処理してC大阪の好機の芽を摘んでいく。

 C大阪は23分、ハイプレスで相手CBのミスを誘い、PAへの右クロスを胸で収めた岸本が強引に右中間を突破。角度のない位置から右足を振りぬく。この一撃がGKの股間を射抜いたが、大宮はCB北西真之(2年)がゴールライン手前でクリア。大宮はミスもあったが、この後立て直し、CB野崎玲央(3年)、山田や交代出場選手たちが踏ん張って見せた。終盤、交代出場のFW小柏剛(2年)と川田のミドルシュートが立て続けにゴールマウスに嫌われる不運もあったが、C大阪の圧力を跳ね返した大宮が勝ち点3を獲得した。

「少し荒々しく、というところを押し出してきた成果かな。綺麗なだけじゃなくて、荒々しいところにも跳ね返して、なおかつ自分たちが攻めるときはぐっといけるというのは意識させてきた。勝ちに貪欲になって来た」と大宮・伊藤監督。この日、ポジショニングと崩しの質の高さも見せたが、大宮にとっては決して内容の濃い試合ではなかった。それでも力で押してくるような相手にも怯まず、「綺麗なサッカー」で勝つチームから印象は明らかに変わってきている。グループステージ屈指の好カードを制した大宮。長谷川が「全国制覇以外考えていないです」と言い切る目標へまず一歩を踏み出した。

[写真]前半34分、大宮ユースはMF長谷川が先制ゴール

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
【特設ページ】第39回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会

TOP