beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[MOM1511]興國FW大垣勇樹(1年)_U-15代表候補の1年生FWが強豪校から先制ゴール

このエントリーをはてなブックマークに追加

[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]
[9.26 adidas Cup in TOKYO 鹿島学園高1-1興國高 RKUフットボールフィールド]

 興國高1年生FW大垣勇樹が強豪・鹿島学園高のゴールを破った。興國は前半13分、前線からの連動した守備で相手のパスコースを切ると、CBのミスパスを大垣がインターセプト。「ダイレ(クト)で打とうかと思ったんですけど、安全にしようと思ってトラップしてから打ちました」とゴール前での冷静な判断から右足シュートをゴール右隅へ流し込んだ。

 スピードを活かしたダイナミックな突破を武器とする大垣は20分にも中央から絶妙なスルーパスを通すなど前線で存在感。6月のU-15日本代表候補合宿にも招集されている注目株は45分のみのプレーだったものの、持ち味を発揮してゴールも奪った。

 まだまだ体力面で課題を残すが、「一つひとつのプレーの質が全員高かったり、ミスが少なかったりした」という同世代のトップレベルを経験し、今大会戦ったような全国トップレベルの強豪相手でも自分の力が徐々に出せるようになってきているという。

 プロサッカー選手になることを目標に掲げ、憧れの選手にクリスチャーノ・ロナウドを挙げる俊足FWは「もうちょっと自分を出せたらいい。もっと自分のいいところを全国レベルのいいチームとやって試したい。(選手権での目標は)全国出ることです。出て活躍できるように頑張る」と力を込めた。 

(取材・文 吉田太郎) 

TOP