beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

長谷部、恥骨炎か…数か月離脱の可能性も

このエントリーをはてなブックマークに追加

 フランクフルトに所属する日本代表MF長谷部誠が恥骨付近に痛みを訴えていることが分かった。『キッカー』によると、数か月離脱する可能性もあるという。

 21日に行ったレバークーゼン戦でも先発出場して後半32分まで出場していた長谷部だが、その後に痛みが増した模様。24日の練習は欠席した。

 24日の練習後にアルミン・フェー監督は、「恥骨炎かもしれない」と発言。ただ、「大したことはないかもしれないが」と言葉を濁した。次節、28日のマインツ戦については、「土曜日の欠場を話すのは時期尚早。まずは様子を見てみたい」と話した。

 しかし『キッカー』はもしも恥骨炎だった場合は、数か月の離脱を余儀なくされることもあるだろうと伝えている。

●欧州組完全ガイド
●ブンデスリーガ2015-16特集

TOP