beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

エジルが2アシスト! アーセナルがシティとの上位対決を2-1で制す

このエントリーをはてなブックマークに追加

[12.21 プレミアリーグ第17節 アーセナル2-1マンチェスター・C]

 プレミアリーグは21日に第17節の1試合を行い、2位アーセナルと勝ち点1差で3位のマンチェスター・シティが対戦した。序盤はシティが主導権を握ったが、前半33分にアーセナルがFWセオ・ウォルコットのゴールで先制すると、同アディショナルタイムにも追加点。終盤にシティが1点を返すも、2-1で逃げ切ったアーセナルが上位対決を制した。

 お互いにエースの復帰が注目されたが、シティのFWセルヒオ・アグエロは先発で復帰した一方で、アーセナルのFWアレクシス・サンチェスはベンチメンバーからも外れた。試合は序盤、シティが細かくパスを回しながらゴールに迫り、アーセナルは無理に取りにいかず構えて守備する時間帯が続いた。

 試合は前半33分に動く。アーセナルは最終ラインのDFローラン・コシールニーからの縦パスをMFメスト・エジルが敵陣中央のやや左のスペースで受けて反転からPA左角にいたウォルコットへパスを送る。ウォルコットは相手DFから離れるようにマイナスへのドリブルから右足一閃。強烈なシュートが右サイドネットに突き刺さり、アーセナルが少ないチャンスをモノにし、先制に成功した。

 さらにアーセナルは前半アディショナルタイム1分、ハーフェーライン付近左でウォルコットがパスカットし、ショートカウンター発動。エジルが敵陣中央でパスを受けると反転から素早く前方へ送り、中央からPA左へ流れたFWオリビエ・ジルがダイレクトで左足を振り抜く。これがGKジョー・ハートの股下を抜けて、ゴールネットを揺らし、2-0。アーセナルは前半シュート2本にとどまったが、しっかりゴールにつなげた。なお、エジルはこれで今季15アシストとした。

 2点ビハインドのシティは後半開始からMFファビアン・デルフに代えてMFラヒーム・スターリングを投入する。後半10分、左サイド中央あたりからでFKを獲得し、キッカーのDFアレクサンダル・コラロフが入れたボールをアグエロがPA左でヘッドもGKペトル・チェフの正面。同13分には逆サイドの同じような位置からのFKをPA右へ飛び込んだアグエロが再び頭で合わせたが、これもGKチェフの正面をとらえた。

 後半11分にコシールニーのスルーパスからFWジョエル・キャンベルが相手の裏へ抜け出し決定機を作ったアーセナル。同15分には、カウンターからキャンベルがドリブルで中央を上がり、エジルからのリターンをダイレクトで前方へ送り、MFアーロン・ラムジーがPA中央から右足シュートもGKハートに防がれた。

 なかなか決定機を作ることができないシティは、後半18分に故障明けのアグエロに代えてFWウィルフリード・ボニー、同28分にMFダビド・シルバに代えてMFヘスス・ナバスをピッチへ送り出す。同33分、右サイドで相手の裏へ抜け出したナバスがスピードを生かしてPA右へ侵入。シュートかと思われたが、中央の味方への折り返しを選択し、相手DFに阻まれてチャンスを逃した。

 それでもシティは後半37分、DFバカリ・サニャからのリターンをMFヤヤ・トゥレがPA右手前から左足ダイレクトシュート。GKチェフも反応できず、左上隅に突き刺さり、1点を返す。その後も猛攻を仕掛けたが、アーセナルから同点ゴールを奪うことができず、1-2で敗戦。シティは今季5敗目を喫した。対するアーセナルは3連勝とし、勝ち点2差で首位レスター・シティを追走している。

●プレミアリーグ2015-16特集

TOP