beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[プレミアリーグEAST]「結果がないと自分も評価されない」J注目の市立船橋CB杉岡主将は強豪対決で存在感

このエントリーをはてなブックマークに追加

[4.16 高円宮杯プレミアリーグEAST第2節 横浜FMユース 1-2 市立船橋高 日産フィールド小机]

 昨年、U-17日本代表に初選出され、今年3月には日本高校選抜の一員として欧州遠征を経験した市立船橋高CB杉岡大暉主将(3年)は、強豪対決の中でも存在感あるプレー。競り負ければ1点に繋がるような状況では空中戦、球際での強さを発揮して得点を許さない。そしていい形でボールを奪うと、ボランチの選手と連動してリスクを回避しながら一気に攻め上がる。前半11分には自陣から敵陣PAまで攻め上がると、DFをかわして縦に切れ込んでから左足を振りぬく。また、CB原輝綺、MF金子大毅とともに最終ラインから組み立てながら、左足でスイッチを入れて攻撃をスピードアップ。横浜FMに狙われてボールを失う場面もあったが、それでも攻守両面で力を示し続けた。

 主将はJスカウト陣も見守る中で戦ったゲームを振り返り、「2点目までは良かったんですけど、最後一回プレー止まってから流れが悪かった」。2-0から押し込まれた終盤について反省したが、GK井岡海都の好守もあって勝ち切った試合を喜んだ。

 名門・市立船橋で1年時からレギュラーを務めるDFは今年、高校年代で最も注目されるタレントのひとりだ。「そんなに突出したものはない。攻守に置いてどのプレーもハイレベルに。きょうは攻撃で左足のキックもミスが多かった。精度上げてやっていきたい」と誓う。特に危機察知能力の高さ、安定感の高さについては下級生時から高い信頼を得てきた。そしてチームは杉岡の攻撃力も活用する戦い方をしている。左足キックに加えてCBから繰り出すドリブル突破にも注目。「推進力もってやるから結構いける」というドリブルは毎試合DFをかわしてPA付近まで切れこむなど彼の魅力のひとつになっている。

 注目度は高いが本人は「結果がないと自分も評価されない。(プレミアリーグは)優勝したいし、一戦一戦やっていくだけなんで。慢心せずにやっていきたいですね」とまずは結果にこだわる。その中で今後Jクラブへ練習参加する回数は増えそう。進路については「1年目から試合関わりたいですし、もちろんJ1でやりたい。練習環境が自分を成長させてもらえるところに行きたい」と杉岡。より評価を高めるため、プレミアリーグでは開幕2連勝を飾ったチームにより多くの勝ち点をもたらす。

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
2016プレミアリーグEAST

TOP