beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「チームの鍵を握る存在」、スペイン紙『マルカ』がレガネス戦の乾を称賛

このエントリーをはてなブックマークに追加

8試合連続先発出場中のエイバルMF乾貴士(写真は第15節アラベス戦のもの)

 18日のリーガ・エスパニョーラ第16節、エイバルは敵地でのレガネス戦を1-1のドローで終えた。スペインメディアは、この試合のMF乾貴士に称賛の言葉を送っている。

 リーガで8試合連続となるスタメン出場を果たした乾は、再び存在感を発揮。決定機を逸した場面もあったが、PA前に出されたパスを追いかけ、飛び出したI・エレリンと衝突して同GKの退場を誘発するなど、精力的なプレーを見せた。

 19日付のスペイン『マルカ』はこの試合の選手採点で、乾にほか5選手と並び最高タイとなる2点(3点満点)をつけた。そして試合レポートでは「再び鍵を握る選手になった」と、その好調ぶりを強調している。

「日本人選手はまるでオートバイのように疾走しており、チームの鍵を握る選手であり続けている。エイバルのここ最近の試合で、均衡を破る存在こそが彼なのだ。この試合ではエレリンの退場を誘発し、その少し前には同GKのセーブ能力を試す決定機を迎えていた」


●欧州組完全ガイド
●リーガ・エスパニョーラ2016-17特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP