beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

まさに衰え知らず!今季公式戦20点目のイブラを皆が称える、「彼はズラタン・イブラヒモビッチ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

偉大な記録を更新中のイブラヒモビッチ

[2.5 プレミアリーグ第24節 レスター・シティ0-3マンチェスター・U]

 プレミアリーグの第24節が5日に行われ、マンチェスター・ユナイテッドは敵地でレスター・シティに3-0で勝利した。2-0とするゴールを決めたのはFWズラタン・イブラヒモビッチ。これで今季のプレミアリーグ通算15得点。35歳125日でのプレミア15ゴール達成は史上最年長の記録となった。

 クラブ公式サイトによると、チームメイトやジョゼ・モウリーニョ監督ら皆がズラタンの偉業を称えている。『MUTV』によると、MFヘンリク・ムヒタリアンは「彼は“ズラタン・イブラヒモビッチ”。だから誰も驚かないでしょう」と言い、「これくらいのことをやってくれると予想できる」と称えた。

「彼なら20点以上決めてくれる。もしかしたら30~35ゴールは決めるかもしれない。それだけ大きなスターだからね。彼がゴールを量産しているのを嬉しく思う」

 またMFフアン・マタは「シーズン終了まで試合数も多いから、もっと決めてくれるよ」と期待を寄せた。

「イングランドでの1年目、マンチェスター・ユナイテッドでの1年目、もっと言えばプレミアリーグでの1年目で、2月の時点で20ゴールに達している。これは凄いこと。でも、彼はもっとゴールを決めたいだろうね」

 35歳で初となったプレミアリーグ挑戦に当初は厳しい見方もあったが、それらを跳ね除ける活躍ぶり。クラブによると、プレミアリーグ通算15得点だけでなく、今季公式戦通算20得点というのは、2012-13シーズンのFWロビン・ファン・ペルシー以来、クラブとしては初めての記録だという。

 モウリーニョ監督は「たいていの場合、22ゴールを記録しても14点とPK8本。21ゴールでも14点とPK7本というケースが多い。だが、ズラタンの場合は19ゴールとPK1本。これを思い返す必要がある」とその凄さを説明した。

●プレミアリーグ2016-17特集

TOP